Q&A

【Q&A】TOEICでタイムマネジメントを行うコツは?

TOEICでタイムマネジメントを行うコツはありますか?

今日はこの質問について考えていきます。

TOEICが時間制限内に終わらない

タイムマネジメントをうまく行えない

そのような方を対象に書いていきます。

ではさっそくいってみましょう。

 

初めに

まず「タイムマネジメント」とは何か、ということですが、これは

予め設定したやるべきことを、制限時間内に確実に行う」ことと考えてください。

例えば目の前にバナナが3本あるとします。

目標として

「バナナを3本食べきる」

「制限時間は10分以内」

と設定したら、「3分以内に1つは食べきる必要がある」とプランを立てるのがタイムマネジメントです。

ただここで注意しなければならないのは、「その目標が十分に達成可能なレベルである」、ということです。

つまり、日頃から10分以内にバナナを3本以上食べることができない方の場合は、この目標は設定してはいけない、ということです。

もしこの目標を設定したとしても、その計画は破綻しています。

タイムマネジメントは、すでに出来ることを効率よく行うための手法になるため、「出来ないことにチャレンジする」必要はありません。

タイムマネジメントを行うコツ

タイムマネジメントの質を向上させるには、以下のことがポイントです。

・時間を計測する。

・量をこなす。

・時間を制限する。

 

時間を計測する

タイムマネジメントを行うためには、「必ず出来ることを目標にする」必要があるとすでに書きました。

何か作業を行おうとして、その作業の「出来る・出来ない」を判断する時、それが一度行ったことがある作業の場合は、出来る・出来ないの判断は可能です。

ただ、「それが何分でこなすことができるか」ということは判断が難しいです。

そのため、まずはやるべき作業に対し、普段の状況で一体「何分時間を必要とするのか」計測しましょう。

 

TOEICでいうと、まずPart 5やPart 7を、時間無制限で解いてください

最終的には、目標点数に対し、「◯問正解し、このPart は◯分で全て解く必要がある」か目標を立てることになりますが、まずは現時点での実力を測定したいので、

そういったこまごまとしたことは気にせず、自然体で時間を測りながら問題を解くようにしてください。

量をこなす。

次に、量をこなすプロセスに入ります。

すでに問題を解き、その作業にかかる時間は計測しているはずです。

しかしその時に行った作業の量、そして必要とした時間というのは、全くプレッシャーが無い状態で行った時の結果になるため、再現性があるかどうかは現時点ではわかりません。

そのため、ここでは量をこなすことによって負荷を与え、そのパフォーマンスがいつでも出せるようにトレーニングを積むことが目的です。

では実際にどのように行っていくかと言うと、方法としては2種類存在します。

・3セット解く。

・朝解いて、夜に解く。

 

3セット解く

3セット解くのは、非常にわかりやすいと思います。

休憩時間を与えずに行いますが、単純に問題を解く量が3倍になるからです。

1回、2回と回数をこなすごとに、集中力や体力の衰えを感じることができるため、持続力を鍛えるための良いトレーニングになります。

また、問題を解くときはもちろん時間も計測するため、パフォーマンスの波も確認することが出来ます。

朝解いて、夜に解く

次は、朝に解いて、夜に解きましょう。

3セット解くのが、量に対する負荷だとしたら、こちらはご自身の体調に関する負荷です。

朝の眠い、まだ頭が置きていない時間帯、いろんな作業をして身体と頭が疲れ切った夜の時間帯。

2つの環境下の中で問題を解いていき、パフォーマンスの差を縮めていきます

コンディションが悪い中で多く問題を解くことになるため自然とパフォーマンスは悪くなりますが、これを行うことで英語に対する抵抗が減っていくため行うようにしてください。

時間を制限する。

最後に、「時間を制限する」、です。

タイムマネジメントは、「必ず出来る作業」を対象に目標を設定する必要があります。

問題のレベルは動かすことが出来ないため、

向上させていくための残りの要素は、「作業を行うための時間を短くする」というものになります。

単純に「出来る内容のレベルを上げたい方」は、単語や文法など英語の勉強を行う必要があります。ここは行動管理のトレーニングなので、英語の知識とはまた別の学習です。

 

またバナナで例を出しますが、普通の状態で

バナナを3本、10分で食べることが出来る」とします。

すでに「量をこなす」トレーニングを積んでいるので、

バナナ3本10分を3セット、朝起きたとき、夜寝る前でも行うことができます。

これ位こなすことができならば、普段の時間ももっと短めに設定できるはずです。

 

そのため、1本あたり30秒時間を短くし、

バナナ3本、8分30秒」で、目標を達成できるか試してみましょう。

この目標が達成できれば、あとはまた常時そのパフォーマンスを維持できるようにトレーニングを行うか、また目標のレベルを上げていきます。

こうしたトレーニングを繰り返すことで、

最終的に目標とするTOEICの点数を達成するために求められる、正答数と解くための時間の基準を満たすことが可能になっていきます。

終わりに

以上で「TOEICでタイムマネジメントを行うコツ」に関する記事を終わります。

まとめると、タイムマネジメントを行うためのコツは3つです。

・時間を計測する。

・量をこなす。

・時間を制限する。

タイムマネジメントは、

「予め設定したやるべきことを、制限時間内に確実に行う」というのが趣旨なため、

出来ない問題を解く必要はありません。

出来る問題を、理想の時間内に終わらすための行動管理がいつでも出来る、というのがタイムマネジメントです。

これは英語の能力とはまた別のスキルなため、トレーニングが必要です。

パフォーマンスを安定させたい方は、是非一度試してください。

それでは今日はこのへんで。

またお会いしましょう。

管理人、きむきむ。