Q&A

【Q&A】参考書を持運びしやすくするためには、どうしたらよいか?

こんにちは、きむきむです。

参考書を持運びしやすくするためには、どうしたらよいですか?

今日はこの質問に対して考えていきます。

 

「参考書が重すぎて持運びが不便」

「小さなお気に入りのカバンを使いたいけど、参考書が邪魔している」

「参考書が厚すぎて勉強のやる気が出ない」

 

この記事はそのような方を対象に作成しています。

ではさっそくいってみましょう。

初めに

TOEICの学習を行う中で、よく不満に感じることがあります。

それは外で学習を行いたいと思っても、「参考書が重くてやる気が出ない」ということです。

またたとえ参考書を持ち運んだとしても、重すぎて体力を消耗したり電車の中でカバンが邪魔になるなど様々なデメリットが存在します。

以前記事で紹介しましたが、勉強時間を増やすためには電車の中などスキマ時間を有効に活用することが必要です。

 

【Q&A】電車の中で出来る、オススメのTOEICの勉強内容は?「電車の中では、どんなTOEICの勉強をすればよいですか?」 今日はこの質問について考えていきたいと思います。 TOEICの...

 

ただいくらその重要性を認識したとしても、現実的に考えて重すぎる参考書を無理して運ぶのは気持ち的に辛く、また楽しい活動ではないため継続させるのが大変です。

そこで、今回は「参考書を持運びしやすくするためのアイデア」を皆さんにご紹介したいと思います。

 

参考書を持運びしやすくなるための方法

なぜ参考書は持運びが大変なのか。

参考書を持ち運びが大変だと感じる主な理由は、2つあります。

・重さ

・大きさ

の2点です。

特に参考書の重さは持運びのしやすさにダイレクトに直結しますし、体力の消耗にも繋がります。

参考書の大きさは持ち運ぶためのカバンも選びますし、大きければ大きいほどスペースが必要となるため、道端や電車の中など込み入った場所での移動が大変になります。

そのためこの重さ、大きさの2点を考慮して、

予め「外で勉強をしやすくするためにはどうしたらよいのか?」を考慮して勉強の計画を設計する必要があります。

5つのアイデア。

では参考書を持運びしやすくするための5つのアイデアを紹介します。

・小さい参考書を購入する。

・電子書籍を購入する。

・参考書の内容を紙に落とす

・参考書の内容をパソコンデータに変える

・参考書を分解する。

 

参考書を購入する前に考えておくべきこと

5つのアイデアのうち、参考書を購入する前に考えておくべきことは2つです。

・小さい参考書を購入する。

・電子書籍を購入する。

参考書を購入してから、持運びしやすくするためのアイデアは複数存在しますが、初めから小さい書籍を選ぶことが、1番手っ取り早くて簡単です。

そのために外で学習する勉強内容を予めしぼり、そのテーマに沿った薄くて小さい参考書を購入すれば問題は解決します。

電子書籍の参考書に関しては、基本的にはあまりオススメしていません。

というのも、書き込んで勉強を行うことが難しいからです。

ただ紙の参考書の補助として、いつでも内容を確認したり持ち運ぶための2冊目として電子書籍を購入するのは、非常に良いことだと思います。

参考書の内容を紙に落とす

ここからは、参考書を購入したあとに、持運びをしやすくするためのアイデアです。

まず1つ目は、勉強したい「参考書の内容を紙に落とす」というものです。

例えば単語カード勉強ノートの存在があげられます。

昔からある古典的な内容ですが、ポケットティッシュよりも小さい大きさからA4サイズまで、ほぼ自由自在に大きさを調整することができます

注意点としては、

・作成するのに時間がかかる。

・勉強用素材を作成するための時間は、勉強ではない。

の2点です。

外での勉強が英語学習のメインでない場合は、学習すべき内容をしぼってから勉強用の素材を作成するようにしましょう。

参考書の内容をデータに変える

次に、参考書の内容をパソコンやスマホの「データに変える」という方法です。

参考書には著作権があるため複製などコピーを行うのは禁止ですが、個人の使用目的で行う場合には認められているケースがあります。

そのため可能であれば、

・写真で撮影する

・コピーを取る。

・PDFデータにする。

といった方法が効果的です。

特にコピーに関しては、同じ大きさで印刷するだけでなく、縮小コピーも可能であるためある程度自由に大きさの調整が可能です。

確認になりますが、

あくまでこういった作業は、個人の使用目的で許可された「例外規定」です。

誰かに配布するのは法律違反になるため、当然ツイッターなどに投稿してはいけません法律は必ず遵守する必要があるため、行動する前にまず調べるなど自己責任の意識を持つ必要があります。

参考書を分解する。

最後です。

参考書は重たいのが問題であるため、必要に応じて

参考書を「分解しましょう」

分解とはつまり、破ることですね。裁断とも言います。

例えば勉強する「章ごとに」参考書を分解しましょう。

整った書籍を破ることはあまり行儀が良いことではありませんし、抵抗を感じる方も多くいらっしゃると思います。

ただよく「参考書はボロボロになるまで使え」と言われています。

綺麗に製本された書籍を分解することは心苦しいところもあると思いますが、端から端まで使いこなすつもりで分解し、その本を肌身離さず持ち運ぶことは、本来の役割に従った行動だと思います。

そして必要であれば、同じ参考書をもう1冊購入しましょう。そうすることでその本の著者や出版社の方も喜ぶと思います。

 

終わりに

以上で「参考書を持運びしやすくするためにはどうするべきか」に関する記事を終わります。

まとめると、参考書を持ち運びしやすくするための5つのアイデアは、

・小さい参考書を購入する。

・電子書籍を購入する。

・参考書の内容を紙に落とす

・参考書の内容をパソコンデータに変える

・参考書を分解する。

というものでした。

けしてすべてを行う必要はありません。必要だと感じたことを実践し、また小さなことで構いませんので、自分なりに創意工夫を行って学習効率を高められるように頑張ってください。

では今日はこのへんで。

またお会いしましょう。

管理人、きむきむ。