Q&A

【Q&A】TOEICの勉強は、毎日行う必要があるか?

こんにちは、きむきむです。

TOEICの勉強は、毎日行う必要がありますか?

今日はこの質問について考えていきたいと思います。

さっそくいってみましょう。

初めに

TOEICの勉強を始めたときによく気になるのが、

勉強は毎日やらないと駄目なの?」という疑問です。

もしこの質問の意味を他のフレーズで置き換えるとしたら、

一体どれ位勉強すればよいの?」という疑問にもなりますし、

「できるだけ楽して高得点を記録する方法は無いの?」という質問にもなり得ます。

その裏にある感情としては、

・効率良く学習を行いたい

・勉強が面倒くさい

といったものだと思います。

何かに対する感情や感想は、行動を改善する上でとても大切な指針となりえますので、もしあなたがこうした感想をお持ちでしたら、その時抱いたフィーリングを有効活用できるようにチャレンジしてください。

 

TOEICの勉強は、毎日行う必要があるか

結論

結論から言うと、「毎日勉強を行う必要はない」です。

なぜかというと、

英語能力を伸ばすために必要な「量と質、モチベーション」という要素を考えた時、ただ毎日勉強を行うという「頻度」のみを考慮しただけでは、条件としては全く足りないからです。

例えば毎日15分勉強するケースと、週に3日1時間勉強を行うケースでは、

週の勉強時間は105分と180分と、1時間以上の差が存在します。

 

普通に考えたら、週に3日、1時間勉強を行うほうが、勉強日数は少なくても成績が高くなるはずです。

 

ただ勉強の質、内容に差をつけると、毎日15分勉強するだけのほうが、成績が高くなるというケースもあります。

例えば毎日15分の場合は、「新しい語彙の獲得のみに専念する」。週に3日の場合は、「今まで学んだことの復習だけ行う」というケースです。

TOEICの初学者の場合、元々持っている知識の量が乏しいので、「新しいことを学んだ方が成績に繋がる可能性が高い」ですし、上級者であっても、すでに身についていることを復習しても学習の効率があまり高くないことがあります。

何を言いたいかというと、

TOEICでハイスコアを獲得する、目標点数を達成するためには、

毎日の勉強の頻度や内容、そして学習者の英語スキルや性格など、個々の様々な要素によって「最適解を見つける必要がある」、ということです。

じゃあどうするのか

そのため、これから学習をスタートさせる前に

なにを、いつまでに、どの位のペースで勉強すべきか

ひとまず計画を立ててみるのをオススメします

初めてのTOEICを成功させる3つのポイント今日は、初めてのTOEICテストを成功させるための3つのポイントを紹介したいと思います。 TOEICがどのような試験なのか、あるい...

こうした計画を立てるためには、まずTOEICについて知るためにリサーチが必要となってくるケースが多いです。

また想定通りに物事が進められる力も初めは身についていないと思うので、極力ハードルを下げて予定を立てることが必要です。これでもかという位、ハードルをまずは下げます。←大切なので2回言いました。

ちなみにTOEICで必要な勉強時間の目安に関しては、こちらの記事で書いています。

TOEICで必要な勉強時間の目安2 (早見表)前回「TOEICの勉強で必要な勉強時間」を計測するための2つの方法をご紹介しましたが、今回はより手っ取り早く、目標点数別にどれ位時間を確...

 

大事なのは、目標点数を達成するためには「どれ位の勉強量を積み重ねる必要があるのか」という目安を知ることです。

毎日勉強を行うべきかどうかというのは、それを把握してから個々のスケジュールに合わせて検討すべき問題です。そのため「勉強習慣を作る」という目的がないのでしたら、まずは勉強量についてリサーチすることをオススメします。

目安がわかれば全体像が見えてくるので、結果が出ない時期でも比較的耐えることができます

計画があれば、勉強を行う中でそれに対するフィードバックが得られるため、改善することも可能です。

そのためまずは「なにを、いつまでに、どの位のペースで勉強すべきか」というのを考えてみてください。

これは、「TOEIC 900点を取るための計画」とか「TOEIC 600点を取るための計画」とか、そんな長いスパンのものではなくて、「参考書を1冊終えるたえの計画」など短いものでも全然構いません。初めはそれでも大変です。

まずはこの勉強計画を作成し、改善を行うプロセスを学習の中で学ぶことが、最終的なスコアアップに繋がります

 

終わりに

以上で「TOEICの勉強は、毎日行う必要があるか」に関する記事を終わります。

まとめると

・毎日勉強すべきかどうかは、ケースバイケース。YesかNoだったら、No。

・それよりも、まず勉強計画を立てる訓練を行うべき。

・何を、いつまでに、どの位のペースで勉強する必要があるか、調べる。

・初めは参考書1冊の計画。

・徐々に、より長いスパンで勉強計画を立てられるようにする。

・勉強で大切なのは、「量・質・モチベーション」

というものでした。

今回の記事は、「毎日勉強すべきか」という質問に対して、変化球的な解答になってしまいました。

なぜかというと、もし毎日勉強することがTOEICに必要だったとしても、

それを自分自身でその必要性を感じなければ、結局行動に移せないからです。

そうした必要性や危機感を得るためには、リサーチした上での計画が1番最適だと私は考えています(それか信頼した人からの説明)

なのでまだTOEICの勉強を始めておらず、これから学習を始める方は参考にして頂けると嬉しいです。

それでは今日はこのへんで。

またお会いしましょう。

管理人、きむきむ。