ガジェット

【Osmo Pocket】RODE VideoMicroを外付けマイクとして購入。開けてみた。

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

DJI 「Osmo Pocket」の外付けマイク問題を解決するために、「RODE VIdeoMicro」を購入しました。

今回はその開封の儀

Osmo Pocketに内蔵されるマイクは中々高性能で、風が吹くと自動的に補正が入るなど「普段遣い」であればクオリティーの高い音声を収録してくれます。

 

きむきむ。
きむきむ。
特に街歩きをしている時、適度に周囲の音が入り込むので臨場感あふれる映像や音が取れます。

 

ただ「野外」で喋りながら撮影するVLOG形式の撮影ですと、

話し手のボリュームが足りず、喋る内容に集中することができない可能性があります。

Osmo Pocketでしか取れない映像は確かに存在しますが、

同時に音声面でも妥協したくはない

 

きむきむ。
きむきむ。
というわけで音質の向上を目指し、RODEのVideoMicroを購入することにしました。

 

定番といえば定番ですが、マイクに3万円かけられない人にとっては最高の選択肢だと思っています。

 

↓「Osmo Pocketで買うべきアクセサリーまとめ」はこちら↓

Osmo Pocket おすすめアクセサリー12選の画像
【2020年】Osmo Pocketで買うべきアクセサリーまとめ12選【オススメ!】DJI Osmo Pocket (オズモ ポケット)の性能を最大限に引き出す、おすすめのアクセサリーベスト12をご紹介します。 ...

 

RODE VideoMicroの役割

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

RODE VideoMicroは、一眼レフカメラやビデオカメラに接続することができる「小型のマイク」です。

一眼レフカメラに取り付けるカメラは様々な種類がありますが、

・小さくて軽い

・安い(1万円しない)

・充電の必要がない

三拍子揃ったマイクです。

指向性が高い」と表現されますが、マイクを向けた先の音を収録するのに役立ちます。

 

きむきむ。
きむきむ。
音声の質的には、RODE Wireless GOのような無線のマイクが好ましいのですが、「予算が3倍」必要になります。

 

映像を普段から撮影している人にとってこうした投資は当たり前のことかもしれませんが、

初心者は差額で「NDフィルターセット」や「ワイヤレスモジュール」を購入する方が、撮影の幅が広がり良い映像を撮ることできます。

Osmo Pocketは公式アクセサリーの価格が高いので、まずはまんべんなく機材を揃えて経験値を貯め、

不満が出たら機材の質を向上させていくのが好ましいかと思います。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみにRODE VideoMicroは、スマートフォンのマイクとしても使えるよ!

 

ただ付属するケーブルがiPhoneなどに対応していないので、追加でこちらの商品を手に入れる必要があります(TRS-TRRSパッチケーブル)

 

RODE VideoMicroの同梱物

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

それではさっそく、RODE VIdeoMicroの同梱物を確認していきましょう。

先程から「小型のマイク」とご紹介してきましたが、パッケージも非常に小さいです。

 

きむきむ。
きむきむ。
ガムやOsmo Pocket 2個分のサイズ感です。

 

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

パッケージの背面は、複数の言語でRODE VideoMicroの説明が書かれています。

あまり気にしていませんでしたが、

・日本国内正規流通品 シール (表面)

・2年保証

がありました。

マイクは探せばもっと安いものがありますが、品質と保証を考えるとRODE VideoMicroは理想的です。

また1つお伝えするのが忘れていましたが、

 

きむきむ。
きむきむ。
Rode VideoMicroOsmo PocketのDJIが公式に「動作の保証」をしています。

 

3.5mm アダプターも含め、このあたりは忘れてはいけない点です。

 

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

RODE VIdeoMicroのパッケージを開けてみると、このように梱包されています。

 

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。同梱物はこの通り。

モフモフは「ウインドジャマー」とか「ウインドマフ」、「デッドキャット」と呼ばれています。

組み立ては非常に簡単です。

 

RODE VideoMicroの外観

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

それではRODE VideoMicroの外観をより詳しく見ていきます。

 

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

このモフモフこと、「ウインドジャマー」ですが、非常に小さい作りをしています。

Osmo Pocketやガムとほぼ同じ大きさ。

 

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

ウインドジャマー(もふもふ)の中にはマイクが取り付けられており、

 

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

マイクをウインドジャマーから取り外すことも可能です。

基本的にウインドジャマーは風の音がうるさいときに使用するものなので、

もしよりコンパクトにマイクをOsmo Pocketに取り付けたい方は、

ウインドジャマーを外しても良いかもしれません。

 

きむきむ。
きむきむ。
装着済みの状態で梱包されているため、取り外す時は少し緊張します。

 

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

次に、マイクを固定し、カメラと接続させるためのアダプターを見ていきましょう。

 

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

特に説明することはないですが、

コールドシュー(アクセサリーシュー)が付いています。

そのため、一眼レフカメラやミラーレスカメラの上部にマイクを取り付けることができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
このコールドシューですが、Osmo Pocketの「延長ロッド」の側面にも付いています。

 

RODE VideoMicroを取り付けてみた

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

それではRODE VIdeoMicroを実際に取り付けてみましょう。

説明書に使用方法が記載されていますので、それを見ながら取り付けを行うことができます。

ケーブルは付属のものを使用すれば大丈夫ですが、

もしRODE VideoMicroをiPhoneで使用する場合は、別途ケーブルを用意する必要があります。

 

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

まずはRODE VideoMicroのアダプターをカメラに取り付けてみましょう。

今回利用するのは、SONYのミラーレスカメラ、α6000です。

コールドシューを利用するだけなので取り付けは非常に簡単です。

 

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

アダプターを付けたら、マイクを取り付けましょう。

わかりやすくするため、マイクからウインドジャマーは外しています。

 

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

マイクの後ろには、マイク端子(3.5mm ステレオミニジャック)があります。

同梱されているケーブルを利用し、マイクとカメラを取り付けてください。

 

きむきむ。
きむきむ。
話しがそれますが、α6000にはマイク端子がないため取り付けはできません。

 

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

あとは、マイクにウインドジャマーを取り付けて完成です。

ウインドジャマーはモフモフ具合が強いので、

場合によってはカメラの画角に入り込んでしまう可能性があります。

ウインドジャマーの向きは調整できるので、動画の撮影前に必ず確認するようにしてください。

 

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。

ちなみに、RODE VIdeoMicroの重さは86グラムです。

100グラムを切る軽さなので、持ち運びは簡単です。

是非Osmo Pocketとセットで、最小の動画撮影機材を構築してください。

 

まとめ。RODE VideoMicroは、野外での高音質な録音を実現させる

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真

以上、「RODE VideoMicroの開封の儀」をご紹介しました。

RODE VideoMicroの真価が発揮されるのは、野外など撮影のシチュエーションが難しい時です。

これから動画の撮影を始める人にとって、マイクに1万円払うことは結構な負担だと思いますが、

野外で音声主体の動画撮影を行う方にとって「必須のアクセサリー」と言うことができます。

まずはマイクの中で安価なRODE VideoMicroを、是非お試しください。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

Osmo Pocket おすすめアクセサリー12選の画像
【2020年】Osmo Pocketで買うべきアクセサリーまとめ12選【オススメ!】DJI Osmo Pocket (オズモ ポケット)の性能を最大限に引き出す、おすすめのアクセサリーベスト12をご紹介します。 ...
「DJI Osmo Pocket 延長ロッド(オズモポケット)」の画像
【開封の儀】DJI Osmo Pocket 延長ロッドがやってきた【写真多め】今回は「Osmo Pocket」と同時に購入した「延長ロッド」の開封を行っていきます。 延長ロッドはOsmo Pocketの「自撮...
「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真
Osmo Pocket 「3.5mm アダプター」をRODE VideoMicroと延長ロッドに装着!DJI 「Osmo Pocket」に外付けのマイクを装着させるべく、「3.5mm アダプター」を購入しました。 今日はOsmo P...
「DJI OSMO POCKET (オズモポケット)」の画像
【開封の儀】DJI Osmo Pocket(オズモ ポケット)がやってきた【VLOG】先日メインスマホを「iPhone 8 Plus」へ乗り換えたばかりですが、 新年が始まって早々、2つ目の興味深いデバイスを購入致し...