ガジェット

Osmo Pocket 「3.5mm アダプター」をRODE VideoMicroと延長ロッドに装着!

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

DJI 「Osmo Pocketに外付けのマイクを装着させるべく、「3.5mm アダプター」を購入しました。

今日はOsmo PocketにRODE 「VideoMicro」、そしてコールドシューに取り付けるための「延長ロッド」の組み合わせで商品を開封していきます。

Osmo PocketとRODE VideoMicroの組み合わせで撮影を行う方は多いと思いますが、

延長ロッドと組み合わせて使用している方はそこまで多くはないと思います。

装着時のビジュアルなど、よかったら参考にしてください。

それではさっそく見ていきましょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
初めに言っておきますが、純正の「3.5mmアダプター」はとってもお高いです(笑)

 

↓「RODE VIdeoMicoro開封の儀」はこちら↓

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。
【Osmo Pocket】RODE VideoMicroを外付けマイクとして購入。開けてみた。DJI 「Osmo Pocket」の外付けマイク問題を解決するために、「RODE VIdeoMicro」を購入しました。 今回はそ...

 

DJI Osmo Pocket 「3.5mmアダプター」の役割

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

DJI Osmo Pocketの「3.5mmアダプター」は、USB-C端子をマイク端子(3.5mm ステレオミニジャック)に変換させるために必要なアクセサリーです。

Osmo Pocketにはマイクが内蔵されていますが、

野外で音声を綺麗に収録するためには、やはり外部マイクの力を必要とします。

しかしOsmo PocketはUSB-C端子があるものの、マイク端子がありません

そのためUSB-C端子をマイク端子に変換させて、外部マイクを取り付けることになります。

 

きむきむ。
きむきむ。
イメージとしては、iPhoneにはマイク端子がないのでLightningケーブルをオーディオジャックに変えるアダプターを用意して、ヘッドフォンを聞く感じかな。

 

↓「iPad Proでイヤホンを使うためのアクセサリー」はこちら。↓

【iPad Proでイヤホンを使うためのアクセサリー】Apple純正「USB-C to Headphone Jack Adapter」レビューiPad Proでイヤホンを使いたい方。Apple公式から良いアダプターが発売していますよ。 音の比較も行ったところ、良い商品でし...

 

ちなみに純正の「3.5mmアダプター」はお値段約5,000円とお高め。

1グラムあたり、約1,250円もします。

 

きむきむ。
きむきむ。
ちなみにiPhone 11 Proは、約568円です。DJI、恐るべし。

 

そう聞くとつい1,000円前後の割安なものを探してしまいがちですが、

仮に使えたとしても、Osmo Pocketのアップデートで使用できなくなるリスクがあるため注意をしてください。

 

きむきむ。
きむきむ。
ここは素直に純正を利用するのが無難です。VideoMicroもDJIが保証しているマイクなので安心できる組み合わせです。

 

 

DJI Osmo Pocket 「3.5mmアダプター」の外観

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

それではさっそく「3.5mmアダプター」を見ていきます。

中に入っているのはこれだけ。

非常にシンプルです。

 

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

Osmo Pocket本体と3.5mmアダプターのサイズを比較すると、このようになります。

3.5mmアダプターOsmo Pocket底面に差す形なので、あまり長すぎないアダプターで安心できます。

 

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

こちらがUSB-Cの端子に繋げる側。

 

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

こちらが、マイク端子(3.5mm ステレオミニジャック)です。

 

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

同じような商品で、Appleから発売されている「USB-C to Headphone Jack Adapter」があります。

そちらを比べると、全長の短さがよくわかります。

 

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

重さは4グラムです。

小さすぎて持ち運びには気をつけて下さい。

延長ロッドを持っている方は、延長ロッドに収納できます

 

 

DJI Osmo Pocket 「3.5mmアダプター」をRODE 「VideoMicro」と「延長ロッド」に取り付けてみた

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

それでは「3.5mmアダプター」を、

に繋げていきます。

上記の写真では延長ロッドの姿が見えませんが、

RODE VideoMicro装着する際にコールドシューが必要になるため、

延長ロッドをここでは使用していきます。

 

きむきむ。
きむきむ。
YouTuberの場合、延長ロッドではなくより小型のケースを使用するケースが多いです。

 

私も購入済みなので、次回そちらを取り扱っていきます。

 

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

まずは、Osmo Pocketに「3.5mmアダプター」、そしてRODE 「VideoMicro」のケーブルを挿していきます。

 

きむきむ。
きむきむ。
ここで注意点!

 

RODE VIdeoMicroスマートフォンでも使用できる外部マイクですが、

iPhoneで使用する場合は別のケーブルが必要です。

RODE VideoMicroに付属するケーブルは対応していないので気をつけましょう。


RODE SC7(3.5mm TRS - TRRS パッチケーブル)[SC7]

 

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

次に、Osmo Pocket延長ロッドに装着させていきます。

後はマイクを取り付けるだけです。

 

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

延長ロッドの側面には、RODE VideoMicroを取り付けるためのコールドシューが存在します。

ちょうどOsmo Pocketを取り付けたときの左側ですね。

 

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

正面から映すとこうなります。

RODE VIdeoMicroは、ウインドジャマー(もふもふ)がない場合、結構存在感がありません。

 

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

ただ野外撮影の場合は風の音がうるさいため、ウインドジャマー(もふもふ)は取り付けたほうが好ましいです。

 

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

今度は真横から写真を取ってみました。

RODE VIdeoMicroに付属するウインドジャマー(もふもふ)はかなり大きいです。

そのため角度によってはカメラのもふもふが入り込んでしまうため、注意してください。

 

きむきむ。
きむきむ。
あまりOsmo Pocketのカメラは振り回さない方が良いですね。

 

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

今度は別の角度から。

RODE VIdeoMicroは、マイクが向いている方向の音声を拾います。

指向性が高いマイクというやつです。

そのため正面を収録したい時は、正面にマイクを向けて下さい。

 

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

自撮りをしつつ自分の音声を収録した場合は、

RODE VIdeoMicroマイクを自分の方へ向けて下さい

 

きむきむ。
きむきむ。
カメラを正面に向けつつ、マイクを自分の方へ向けることも可能です。そう、延長ロッドならね。

 

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

最後に、

の組み合わせで、どれくらいの重さなのか確認しましょう。

計測した結果、399グラムということがわかりました。

マイクがない場合は300グラムちょいになるため、

ミラーレスカメラと比べた場合、かなりコンパクトなセットで動画の撮影が可能になります。

 

きむきむ。
きむきむ。
この装備の軽さが、Osmo Pocketの魅力の1つですな。

 

 

まとめ。DJI Osmo Pocket 「3.5mmアダプター」

「DJI Osmo Pocket 3.5mm アダプター」の写真

以上、「3.5mmアダプターの開封の儀」をご紹介しました。

という組み合わせで今回記事を作成しましたが、取り付けも簡単で満足しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
この「取り付けが簡単」というのは重要なポイントです。延長ロッドは各種アダプターの「収納スペース」もあります。

 

ちなみにもし映像をスマホで確認しながら撮影した場合は、

こちらに「ワイヤレスモジュール」と「スマホ」を装着して使用する形になります。

是非自分好みの装備を完成させてください。

 

次回は延長ロッドではなく、よりコンパクトな組み合わせでRODE VideoMicroの装備を構築していきます。

また次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜

 

 

↓「RODE VIdeoMicoro開封の儀」はこちら↓

「RODE (ロード)VideoMicro 超小型コンデンサーマイク」の写真。
【Osmo Pocket】RODE VideoMicroを外付けマイクとして購入。開けてみた。DJI 「Osmo Pocket」の外付けマイク問題を解決するために、「RODE VIdeoMicro」を購入しました。 今回はそ...

 

↓「Osmo Pocket専用 Neewer ポータブルハンドグリップ」はこちら↓

「Neewer ポータブルハンドグリップ DJI Osmo Pocket マウントアクセサリー 三脚マウント」の写真
【Osmo Pocket】Neewer 「ポータブルハンドグリップ」でRODE 「VideoMicro」をスマートに装着させてみた「Osmo Pocket」で自撮りをしつつ、外部マイクで気軽に「高音質な録音」を実現させるアクセサリーをご紹介します。 それは ...