ガジェット

【比較】OPPO「A5 2020」と「Reno3 A」の違い【下剋上も】

OPPO「A5 2020」と「Reno3 A」の画像

OPPO「A5 2020」と「Reno3 A」の違いを比較していきます。

下位モデルが上位モデルを上回る、逆転現象が発生しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

シルバーウィークも終わり、いよいよiPhoneが発表される10月に突入しようかというこの時期に見つけてしまったのが、

OPPOから発売されている「A5 2020」です。

 

きむきむ。
きむきむ。
「今更」なんて言わないで。完全に見過ごしていたの。

 

「A5 2020」は2019年11月に発売されたスマホですし、

「Reno3 A」が発売された今、わざわざこのブログで紹介することはないと考えていたのですが、

ある日仕様を見てみたら、予想以上に良い性能で驚いてしまいました。

 

きむきむ。
きむきむ。
そういえば端末名に「2020」って入っている。普通に現役のスマホだったんですね。

 

しかも実売価格も良い感じで「下がり」つつあり、これはダークホースとしてアリなスマホですよ!

 

きむきむ。
きむきむ。
勝手に興奮しています。ASUSの「ZenFone Max」シリーズの後継機が欲しい人にオススメ。

 

というわけで今回は、

OPPO「A5 2020」と「Reno3 A」の比較を行います。

「A5 2020」は尖った機能も存在するので、一部機能で「Reno3 A」を上回っています。

この機会に是非チェックしてみてください。

それではさっそく、内容を見ていきましょう。

 

OPPO「A5 2020」と「Reno3 A」の違い

OPPO「A5 2020」の画像
OPPO「Reno3 A」の画像
A5 2020Reno3 A
ディスプレイ6.5インチ6.44インチ (有機EL)
解像度1,600 × 7202,400 × 1,080
画面比率 (アスペクト比)20:920:9
画面占有率89.3%89.9%
デザイン水滴ノッチ水滴ノッチ
OSColorOS 6ColorOS 7.1
OSのベースAndroid 9.0Android 10
SoCSnapdragon 665Snapdragon 665
RAM4GB6GB
ストレージ64GB128GB
重量195グラム175グラム
高さ163.6mm160.9mm
75.6mm74.1mm
厚み9.1mm8.2mm
インカメラ16MP (f/2.0)16MP (f/2.0)
アウトカメラ個数4個4個
広角12MP (f/1.8)48MP (f/1.7)
超広角8MP (f/2.25)8MP (f/2.2)
ポートレート(深度測定)2MP(f/2.4)2MP (f/2.4)
モノクロ2MP(f/2.4)2MP (f/2.4)
手ブレ補正(電子式EIS)静止画・動画静止画・動画
手ブレ補正(光学式OIS)
バッテリー容量5,000mAh4,025mAh
連続「通話」時間約33時間約21時間
連続「待受」時間約450時間約350時間
Gorilla GlassVersion 3Version 5
防水・防塵IP5XIPX8、IP6X
指紋認証背面画面内
顔認証
Google Play
ヘッドフォンジャック
DSDV
nanoSIM (2枚)
microSD
トリプルスロット
Bluetooth 5.0
IEEE 802.11ac
USB Type-C
NFC
ハイレゾ (イヤホン必須)
ゲームブースト2.0
FMラジオ(イヤホン必須)
リバースチャージ
ステレオスピーカー
Dolby Atmos (イヤホン必須)
Felica (おサイフケータイ)
急速充電 
ワイヤレス充電
ワンセグ・フルセグ
付属品ケース、フィルムケース、フィルム
色 (カラー)青・緑黒・白
発売日2019年11月2020年6月
税込み価格2万9,480円3万9,800円

<出典:OPPO

どちらの端末も

・Snapdragon 665

・指紋認証 (背面 or 画面内)

・顔認証

・nanoSIM 2枚 (DSDV)

・microSD

・IEEE 802.11ac

・USB Type-C

・Bluetooth 5.0

・Gorilla Glass (3 or 5)

・防塵 (IP5X or IP6X)

・FMラジオ (イヤホン接続時)

に対応しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
搭載されているプロセッサが同じなのは、意外ですよね。「AnTuTu」の点数は約18万点です。

 

OPPO「A5 2020」が向いている人

OPPO「A5 2020」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・バッテリー持ちを重要視する (5,000mAh)

・スマホから他の端末へ充電したい (リバースチャージ)

・トリプルスロットを使いたい (nanoSIM 2枚 + miroSD)

・音楽性能にこだわる (ステレオスピーカー / Dolby Atmos )

・指紋認証は、「背面」派

・安いスマホが欲しい (約3万円 →実売価格はだいぶ安いです)

OPPO「A5 2020」は、「Reno3 A」よりも半年ほど前に発売された端末ではありますが、

一部機能で上位モデルを上回るなど、スペック面で健闘しています。

6.5インチで1,600 × 720の解像度は控えめに感じますが、その分バッテリー持ちに良い影響をもたらしており、

・連続「通話」時間 → 約33時間 (Reno3 Aよりも「12時間」長い)

・連続「待受」時間 → 約450時間 (Reno3 Aよりも「100時間」長い)

とかなり長い間スマホを使用することができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
これだけ差があると、体感レベルで違いを感じ取ることができます。

 

Reno3 Aと同じプロセッサの「Snapdragon 665」や「4眼カメラ」を搭載するなど基本的な機能も十分で、

くわえて

・nanoSIM 2枚 + microSDの同時使用 (トリプルスロット)

・スマホから他の端末への充電 (リバースチャージ)

・ステレオスピーカー (イヤホン接続時は「Dolby Atmos」にも対応)

興味深い機能も備わっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「ステレオスピーカー」はReno3 Aに搭載していない機能だけに、このあたりが非常に悩ましいところです。

 

OPPO「A5 2020」の定価は約3万円ですが、実売価格では2〜2.5万程度とかなりお買い得になっています。

そのためメインだけでなく「サブスマホ」、「モバイルルーター」、

「モバイルバッテリー」といろんな使い方ができる「A5 2020」は、非常にお買い得です。

 

きむきむ。
きむきむ。
かなり良いスマホに仕上がっています。今まで気づかなくてごめん

 

OPPO「Reno3 A」が向いている人

OPPO「Reno3 A」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・有機ELディスプレイは必須 (2,400 × 1,080)

・メモリやストレージに余裕が欲しい (メモリ6GB / ストレージ 128GB)

・解像度の高い写真が取りたい (広角レンズ 4,800万画素)

・軽いスマホが欲しい (175グラム)

・頑丈なスマホが欲しい (防水・防塵、より強力な強化ガラス)

・おサイフケータイ (Felica)は必須。

OPPO「Reno3 A」は、2020年6月に発売された「Reno A」の後継機種です。

美しい有機ELディスプレイと最大4,800万画素の写真撮影が可能な4眼カメラを搭載しており、非常に現代的なスマホに仕上がっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「Reno A」はカメラが2つしか付いていませんでした。

 

「A5 2020」と比較すると、「Reno3 A」が優れているのは全体的な機能の強化です。

特に

・防水、防塵機能 (IPX8、IP6X)

・より強力な強化ガラス (Gorilla Glass 5)

・おサイフケータイ (Felica)

・メモリ6GB、ストレージ128GB

・175グラムの軽量さ (「A5 2020」は195グラム)

といったあたりはかなり使い勝手に影響する部分です。

 

きむきむ。
きむきむ。
「A5 2020」は、防水機能に対応していませんでした。

 

「A5 2020」はトリプルスロット(nanoSIM + 2枚)やリバースチャージ (他の端末への充電)、ステレオスピーカー、驚異的なバッテリーなど

様々な魅力が積み込まれたスマホでありますが、

どちらが全方位的なスマホかと言われたら、

やはりReno3 Aの方がそれにふさわしいスマホです。

 

きむきむ。
きむきむ。
どちらも魅力的なスマホなので、必要とする機能で決めるのが良いかと思います。

 

まとめ!尖った機能が光る「A5 2020」。優等生タイプの「Reno3 A」

以上、OPPO「A5 2020」と「Reno3 A」の違いについてご紹介致しました。

まとめると、

・A5 2020 → 基本的な機能と尖った機能を両立させた珍しいスマホ (約3万)

・Reno3 A → 人に勧めやすい万能スマホ (約4万)

という内容でした。

OPPO「A5 2020」は、「Reno3 A」と同じプロセッサのSnapdragon 665や4眼カメラを搭載するなど基本的な機能は十分。

それに加えて

ステレオスピーカーやトリプルスロット (nanoSIM 2枚+microSD)が使えるなど

独自の機能がいろいろ詰まっているコスパの良いスマホです。

 

きむきむ。
きむきむ。
実売価格が2〜2.5万と下落傾向なのもポイントです。

 

一方「Reno3 A」は、最新スマホであるだけに全体的に穴のない性能

有機ELディスプレイやメモリ6GB、ストレージ128GB。

「A5 2020」が対応していない「防水性能」や「おサイフケータイ」も使えるなど、国産スマホ並に多機能なスマホです。

 

きむきむ。
きむきむ。
昨年の「Reno A」に引き続き、今年も大人気なOPPOのスマートフォンです。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

OPPO「A5 2020」とASUS「ZenFone Max (M2)」の画像
【比較】OPPO「A5 2020」とASUS「ZenFone Max (M2)」の違い【性能か軽さか?】OPPO「A5 2020」とASUS「ZenFone Max (M2)」の違いを比較していきます。 トリプルスロットやリバースチャージに対応したスマホが欲しい方は必見です。...
OPPO「Reno3」とシャープ「AQUOS sense3」の画像
【比較】OPPO「Reno3 A」とシャープ「AQUOS sense3」の違い【優等生スマホ】バランスに優れたOPPOの「Reno3 A」とシャープ「AQUOS sense3」の違いを比較していきます。 どちらも日本のスマホ...
ソニー「Xperia 8 Lite」とOPPO「A5 2020」の画像
【比較】ソニー「Xperia 8 Lite」とOPPO「A5 2020」の違い【けっこう良い】ソニー「Xperia 8 Lite」とOPPO「A5 2020」の違いを比較していきます。 いよいよ低価格帯に参入してきたソニーの期待のスマホと、このところ目覚ましい活躍を見せているOPPOのスマートフォンとの比較です。...
ソニー「Xperia 5」とOPPO「Reno3 A」比較画像1
【比較】ソニー「Xperia 5」とOPPO「Reno3 A」の違い【遅れてきた主役】ソニー「Xperia 5 」とOPPO「Reno3 A」の違いを比較していきます。 ソニーが「SIMフリー市場」にいよいよ本格参戦...

 

こんな記事はいかがですか?