ガジェット

【比較】Huami「Amazfit Band 5」とシャオミ「Mi スマートバンド 5」の違い【7,000円以下】

Huami(ファーミ)「Amazfit Band 5」とシャオミ「Mi スマートバンド 5」の画像

シャオミのグループ会社Huami (ファーミ)が発売している「Amazfit Band 5」とシャオミ「Mi スマートバンド 5」を比較していきます。

コスパだけでなく、機能が充実した「ウェアラブルデバイス」です。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです。

 

コスパに優れたウェアラブルデバイスといえば、シャオミとファーウェイの名前が頭に浮かびますが、

今日取り扱うのは、シャオミのグループ会社Huami (ファーミ)の製品です。

実はApple Watch Series 6の目玉となった機能が、Huamiの製品には搭載しているんですよ。

よろしければこの機会に是非チェックしてみてください。

というわけで

Huami「Amazfit Band 5」とシャオミ「Mi スマートバンド 5」の比較、

さっそく内容を見ていきましょう。

 

Huami「Amazfit Band 5」とシャオミ「Mi スマートバンド 5」の違い

シャオミ「Miスマートバンド5」の画像2
Amazfit Band 5Mi スマートバンド 5
サイズ1,1インチ1.1インチ
解像度294 × 126294 × 126
ディスプレイ有機EL (AMOLED)有機EL (AMOLED)
画面の明るさ450nit
バッテリー容量125mAh125mAh
バッテリー持続日数15日〜25日14日〜20日
充電時間2時間2時間未満
重量24グラム23.3グラム
素材ポリカーボネートプラスチック
Androidでの使用
iOSでの使用
主に「出来る」こと11個9個
スポーツモード11種類11種類
心拍モニタリング
睡眠モニタリング
ストレスモニタリング
呼吸エクササイズ
音楽の再生コントロール
リモート写真撮影
PAI (個人の活力指数の計測)
女性向けの健康追跡機能
Amazon Alexa (アレクサ)×
血中酸素飽和度測定(SpO2)×
センサー数7つ7つ
3軸加速度センサー
3軸ジャイロスコープ
心拍センサー○ (2PRG)
装着検知センサー
防水性能5気圧 (水深50m)5気圧 (水深50m)
Bluetooth5.05.0
充電端子2PIN磁気
充電時の「取り外し」の有無無し無し
GPS×
バンドの色 (標準)3種類
バンドの色 (別売り)5種類
発売日2020年9月(Amazon)未定
税込価格約6,980円4,490円

<出典:Amazfitシャオミ

 

きむきむ。
きむきむ。
シャオミ「Mi スマートバンド 5」は現在日本で発売されておらず、入手できるのはグローバル版のみとなっています。

 

Huami「Amazfit Band 5」も、シャオミ「Mi スマートバンド 5」も、

7,000円以下の安価な活動量計ながら、

・心拍モニタリング

・睡眠モニタリング

・ストレスモニタリング

・呼吸エクササイズ

と十分な機能が備わっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
1週間の運動スコアを点数で表示してくれる「PAI」パーソナル アクティビティ インテリジェンスにも対応しています。

 

Huami「Amazfit Band 5」が向いている人

Huami「Amazfit Band 5」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・血中酸素飽和度(濃度) 、SpO2を行いたい (手動のみ)

・Amazon Alexaに魅力を感じている (日本語は後日対応)

・バッテリー持ちは少しでも良い方が好ましい。

・シャオミ系列の良いスマートバンドを使ってみたい。

Huami (ファーミ)「Amazfit Band 5」は、シャオミのグループ会社が製造しているスマートバンドです。

日本では知名度が高くないものの、2020年上半期の世界シェア(収益)としては、

・1位 → Apple

・2位 → GARMIN

・3位 → HUAWEI

・4位 → SAMSUNG

・5位 → Imoo

・6位 → Amazifit、fitbit

<出典:Counterpoint

世界6位の立場です。

 

きむきむ。
きむきむ。
「fitbit」と並び、「Fossil」を上回っているのですから、かなり健闘していますよね。

 

そしてこちらの「Amazfit Band 5」ですが、基本的には「Mi スマートバンド 5」と同じスペックと考えていただいて構いません。

ただお値段が約2,500円高くなる

・血中酸素飽和度(SpO2)の測定

・Amazon Alexaに対応 (日本語は後日対応)

と2つ出来ることが増えています。

(「Amazfit Band 5」には、BioTracker 2PPGバイオトラッキング光学センサーが搭載しています。)

 

きむきむ。
きむきむ。
この2つに魅力を感じるなら「Amazfit Band 5」。少しでも安くしたければ、シャオミ「Mi スマートバンド 5」がオススメです。

 

Amazon Alexaは、話しかけるだけでニュースや天気を知ることのできるAIアシスタントとして有名ですが、

血中酸素飽和度(SpO2)に関しては、Apple Watch Series 6で有名になった機能です。

 

きむきむ。
きむきむ。
健康の未来が手首の上に。血中酸素ウェルネスアプリ、というやつですね。

呼吸器系の疾患 (たとえば喘息や肺炎)を抱える人に対してチェックする項目がこのSpO2で、

皮膚を通して血液中の酸素の割合を計測することで、健康状態をチェックすることができます (採血無しで測れるのが良いところです)

 

 

きむきむ。
きむきむ。
理想値としては96〜99%ですが、90%を下回ると「呼吸不全」と判断されます。登山をすると、体調の変化をわかりやすく体感することができます。

 

シャオミ「Mi スマートバンド 5」が向いている人

シャオミ「Mi スマートバンド 5」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・安心のシャオミブランドを利用したい。

・コスパを重視している (約4,500円)

シャオミ「Mi スマートバンド 5」は、8月末に日本で発表されたウェアラブル端末です。

近日発売とのことでしたが、11月現在、国内で手に入るモデルはグローバル版のみとなっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
Amazonのレビューを見ると人気を博していますが、日本向けのパッケージではまだ発売されていません。

 

Huami (ファーミ)「Amazfit Band 5」と比べると、

・血中酸素飽和度(SpO2)の測定

・Amazon Alexa

が利用できませんが、

その分約2,500円安くなっており、

「ストレスチェック」や「睡眠のモニタリング」など、「Mi スマートバンド 4」からパワーアップさせたい方には十分な性能となっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
血中酸素飽和度の測定は、健康面に不安を抱える方 (呼吸器系の疾患)に試して欲しい機能です。

 

まとめ!機能が充実した「Amazfit Band 5」。必要な機能をしぼった「Mi スマートバンド 5」

以上、Huami「Amazfit Band 5」とシャオミ「Mi スマートバンド 5」の違いについてご紹介致しました。

まとめると、

・Amazfit Band 5 → Mi スマートバンド 5からパワーアップ (約7,000円)

・Mi スマートバンド 5 → コスパに優れ、機能も充実した活動量計 (約4,500円)

という内容でした。

Huami「Amazfit Band 5」は、「Mi スマートバンド 5」から2つの機能が追加されたのが特長です。

・血中酸素飽和度(SpO2)の測定

・Amazon Alexaに対応

この機能に魅力を感じるならば、「Amazfit Band 5」。

もしそうでなければ、

基本的な機能はほぼ同じのシャオミ「Mi スマートバンド 5」が、約2,500円安くコスパに優れています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「Mi スマートバンド 4」と比べると、どちらも大幅に機能が強化されています。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

Huami(ファーミ)「Amazfit Band 5」とファーウェイ「Band 4 Pro」の画像
【比較】Huami「Amazfit Band 5」とファーウェイ「Band 4 Pro」の違い【大本命】シャオミのグループ会社Huami (ファーミ)が発売している「Amazfit Band 5」とファーウェイ「Band 4 Pro」を比較していきます。 8,000円前後のスマートバンドで、人気の2機種です。...
シャオミ「Miスマートバンド5」の画像1
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」と「Mi スマートバンド 4」の違い【5,000円以下】人気のスマートバンド、シャオミ「Miスマートバンド5」と「4」を比較していきます。 2019年12月に発売されたMiスマートバンド...
シャオミ「Miスマートバンド5」とファーウェイ「HUAWEI BAND 4 Pro」の比較画像
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」とファーウェイ「Band 4 Pro」の違い【スペック最高】シャオミ「Miスマートバンド5」と「HUAWEI Band 4 Pro」を比較していきます。 どちらも甲乙つけがたい、素晴らしいウ...
バッファロー「超小型SSD」の写真1
【レビュー】バッファロー 外付け「超小型SSD」が良い感じ。ペットボトルのフタ2個分の小ささ【960GB】バッファローの外付け、超小型「SSD-PSM960U3-B/N」をご紹介致します。 ペットボトル2個分のサイズで重さは15グラム。 安心の日本メーカーでお値段もお求めやすい、魅力的な外付けSSDです。...