ガジェット

【iPad Proでイヤホンを使うためのアクセサリー】Apple純正「USB-C to Headphone Jack Adapter」レビュー

iPad Proでイヤホンを使いたい方。Apple公式から良いアダプターが発売していますよ。

音の比較も行ったところ、良い商品でした。

 

こんにちは、ブログ管理人のきむきむです。

iPad Pro、楽しんで使っていますか?

動作がキビキビしていて、音や画像も綺麗で最高ですよね。

私もiPad Pro 12.9インチ (2018) 第三世代モデル、楽しく使ってます!

 

でも全く不満がないわけではなくて、その1つが、

「3.5mmヘッドホンジャック」が搭載されていない!

ということです。

 

先日発売された「iPad Air」や「iPad mini」、そして前モデルの「iPad Pro」にはこの「3.5mm ヘッドホンジャック」が搭載されていましたが、

第三世代モデルには搭載されていないのです。

ああ、なんてことでしょう。

 

ただ、我らがiPad Pro 12.9 インチ (2018) 第三世代モデルには、「USB-Cという良心」があります。

 

そこで今回は、

こちらのUSB-Cを利用した、「ヘッドホンジャックのアダプターに関してレビュー」していきます。

イヤホンの音質に関しても、「Lightningケーブル」などとの比較あります。

正式名称は、「USB-C to Headphone Jack Adapter」といいます。

それではさっそく内容を見ていきましょう。

 

 

↓「AUKEY USB C ウルトラスリム USB 3.0+SD カードリーダー レビュー」はこちら。

AUKEY USB-C ウルトラスリム USB3.0 SD カードリーダー
【AUKEY USB C to USB 3.0+SD カードリーダー レビュー】iPad Proで使うのに安くてコスパ最高だったiPad Proで使用する「SDカードリーダー」は何を使用されていますか? 今日は、「安い・軽い・小さい」でコスパ抜群の「AUKE...

 

↓「iPad Proの記事まとめ」はこちら。

新型iPad Pro (12.9)・アクセサリーの記事一覧(まとめ)この記事では、iPad Pro 12.9インチ(2018)第3世代モデルの「レビュー」と、その「アクセサリー」に関する記事をまとめて確認...

 

USB界の黒船USB-C

「USB-C」とはなんぞや?という方のために、まず簡単ですが「USB-Cに関して」説明していきたいと思います。

USB-Cとは

一言でいうと、iPadやiPhoneに搭載されている、「充電時に使うLigining端子の代わり」のようなものです。

正確にいうと、

USB-Cとは「新しく誕生したUSB規格の1つ」で、従来以上に多くのモノとモノを接続できることが可能になった他、転送速度電力供給など様々な面でパワーアップした規格のことを指します。

Appleの場合、今までは「Lightningケーブル」や「30Pin」と呼ばれるものが使用されていましたが、それを無くす代わりに、iOSとして初めて、iPad ProにUSB-Cが搭載されることになりました。

すでにMacBookやMacBook Proの現行モデルではUSB-Cの搭載が進められており、今までメインとして採用されてきたUSB3.0は排除される傾向があります。

そのため、遅かれ早かれiPhoneもLightningケーブルに代わり、USB-Cが採用されることが既定路線となっています。

USB-Cで出来ること

USB-Cで主にできることは、下記のようなものが挙げられます。

・急速充電

・データの転送速度がUSB 3.0の2倍

・ディスプレイに高解像度での画面の出力(最大5K)

・映像出力と充電を同時にできる

・SDカードやUSBメモリとの接続

・他の端末の充電

イヤホンとの接続

・USB Aなどの後方互換

・VGAケーブルやイーサネットポートへの接続

・ミラーレス(一眼レフ)を直接iPadにつなぐことが出来る

・充電用のケーブルを、PCと統一できる

・モバイルバッテリーで、PCとiPad(スマホ)が充電できる

このように、USB-Cは様々なものと接続ができるため、使用者の好みに応じて幅広い活用法が想定されています。

そういった機能を最大限生かすために、USB-C端子の数を増やしたり、他のものと接続する端子を増やすような「USB-Cハブ」が数多く売られていますが、大体5,000〜10,000円程度の商品が多い印象を受けます。

私は必要最低限の機能しか必要がないので、安価な商品を中心に周辺機器を揃えています。

AUKEY USB-C ウルトラスリム USB3.0 SD カードリーダー
【AUKEY USB C to USB 3.0+SD カードリーダー レビュー】iPad Proで使うのに安くてコスパ最高だったiPad Proで使用する「SDカードリーダー」は何を使用されていますか? 今日は、「安い・軽い・小さい」でコスパ抜群の「AUKE...

今回の「Apple USB-C Headphone Jack Adapter」も、その意味では同じですね。

 

 

Apple USB-C Headphone Jack Adapter

商品の特長

Apple USB-C Headphone Jack Adapter」は、Appleが販売している公式アクセサリーです。

このアダプターを使えば、iPad Pro (2018) 第三世代モデルでも、イヤホンやヘッドフォンを使用することが出来ます

今までは「3.5mmヘッドホンジャック」にイヤホンを直接指すことができましたが、ヘッドフォンジャックが無くなってしまったので、代わりにUSB-C端子を使用する、というものです。

注意点

USB-Cとイヤホンジャックを繋げるためのアダプターは、

・DAC内蔵型

・アナログ型

の2種類が存在し、iPad Proは「DAC内蔵型」にしか対応していません。

DAC内蔵型はアナログ型の上位互換なので、困ったらDAC内蔵型を購入すれば良いのですが、見た目では区別がつかないため、注意が必要です!

アナログ型に対応しているUSB-C搭載のデバイスは存在しますが、商品によってケース・バイ・ケースなので、注意が必要です!

Apple製品に関しては、

Appleが公式に動作保証しているヘッドホンジャックアダプターを発売しており、

価格も約1,000円とお手頃なので、公式準拠の商品を、私としてはオススメします。

その商品が、これから紹介する

Apple USB-C Headphone Jack Adapter」です

 

 

フォトレビュー

では、実際にヘッドフォンジャックアダプターを開封していきましょう。

こちらがパッケージです。

左上のAppleのロゴがかわいいです。

 

背面です。

様々な言語で商品名が記載されています。

側面に、「iOS 12.1」搭載のデバイスと互換性がある、と表記があります。

 

サイズ感はこんな感じです。

おなじみのキシリッシュのガムです。

手のひらサイズです。

 

中身を出してみました。

箱に入っているものはこちらで全てです。

 

こちらがお目当ての、USB-C Headphone Jack Adapter

USB-C側が、「うすっ!」って感じました

 

丸いですね。

 

案の定、大分ケーブル部分に癖がついてしまってます。

ただ、半日後位に改めてみたら、ほぼ真っすぐにケーブル部分が伸びていました。

 

こちらをUSB-C側に挿していきます。

まだ見慣れていないので、新鮮です。

アダプターはオス形式ではないんですね。

 

こちらは「3.5mm ヘッドホンジャック」です。

イヤホンやヘッドフォンをこちらに挿していきます。

見慣れているので特に感慨はなかったです。

 

 

改めてサイズの比較です。

USB-C Headphone Jack Adapter」と共に、

「Lightning-3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ」を用意しました。

iPhone 7を購入したときに付いてきたもので、このiPhoneもヘッドフォンジャックが無くなってしまったため、一般的なイヤホンを使うためには、このアダプターを使用する必要があります。

値段はUSB-Cと同じで約1,000円です。

パット見た感じでは、区別がつきづらいデザインをしています。

 

左が、USB-C専用

右が、Lightning専用です。

 

こちらは同じ、3.5mmのヘッドホンジャック部分ですね。

 

実際に、iPad Pro 12.9インチに挿してみました。

サイズ感は掴めるでしょうか。

実際はここからイヤホンをアダプターに挿していきますので、それほどアダプターが短すぎるとかは無いと思います。

 

次に、USB-Cを搭載しているAndroidのスマホに挿していきます。

 

6.3インチのスマホです。

 

次に4.7インチのiPhoneです。8や7のサイズです。

実際に接続させることはできませんが、

アダプターは、iPhoneの半分以上の長さです。

そう考えると、結構長く感じます。

 

 

音質の比較

アダプターを間に挟むことによって、気になるのが「音の品質」です。

主観的な感想になりますが、他製品と比べて音をどのように感じたのか、書いていきたいと思います。

比較対象

使用するデバイス

 

・iPhone 7

・iPad Pro 12.9インチ (2018) 第三世代

・iPod touch (第五世代、現行モデル)

使用するアダプター

 

USB-C Headphone Jack Adapter

・Lightning-3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ

 

使用するイヤホン

 

・EarPods with 3.5mm Headphone Plug

・EarPods with Lightning Connector

これらのイヤホンは、それぞれiPhoneに付属する標準的なものです。

Apple公式価格で約3,000円です。

実験方法

YouTubeに掲載されている、米津玄師の「Lemon」の聴き比べを行います。

 

またYouTubeよりも高音質の音源を使用した場合の比較も行いたかったため、

CDと同等の音質である、「Apple ロスレス」形式でiTunesに取り組んだ、「Lemon」も審査の対象とします。

 

「Apple ロスレス」は、「AIFF」や「WAV」と同程度の音質ですが、圧縮できることが特長で、「FLAC」のような代表的な圧縮形式の1つです。

 

結果

比較対象の組み合わせ

それぞれ4種類の方法で、YouTubeのプロモーション動画「Lemon」を聞いていきます。

最後の聞き方のみ、より元々持っている音質が優れいている音源を使用します。

・iPad Pro + USB-Cアダプター + EarPods 3.5mm イヤホン

・iPhone 7 + Lightningアダプター + EarPods 3.5mm イヤホン

・iPhone 7 + EarPods Lightning イヤホン

・iPod Touch + EarPods 3.5mm イヤホン

・iPad Pro + USB-Cアダプター + EarPods 3.5mm +Apple ロスレス音源

 

ランキング

ではさっそく、ランキングの発表です。

じゃん!

1位:iPad Pro + USB-Cアダプター + 3.5mmイヤホン+Apple ロスレス音源

2位:iPhone 7 + EarPods Lightning イヤホン

3位:iPod Touch + EarPods 3.5mm イヤホン

4位:iPad Pro + USB-Cアダプター + EarPods 3.5mm

5位:iPhone 7 + Lightningアダプター + EarPods 3.5mm

いかがでしょう。

予想通りの順位になりましたか。

 

音質の差としては、

1位: ロスレス音源 > 2位: Lightningイヤホン ≒ 3位: 3.5mmイヤホン

>> 4位: USB-Cアダプター>>> 5位: Lightningアタプター

という感想を持ちました。「>」が多いほど、音質に差があります

実験してみて2つのことがわかりました。

・アダプターを挟むと音質が悪くなる。

・ただし、音源の取り組み方を良くすれば、改善は見られる

ということです。

特に、3位から5位までの間に、音質に大きな差が存在するように感じました。

イヤホンを3.5mmヘッドホンジャックに直接繋ぐ、

「iPod Touch + EarPods 3.5mm イヤホン」はやはり音質が綺麗です。

アダプターを挟むと、音質は悪くなります

ただし私にとって「Lightningアダプターを使用しての音楽鑑賞が」、積極的に聞こうとは思えないレベルであるのに対し、

「iPad Pro + USB-Cアダプター + EarPods 3.5mm」のUSB-Cアダプターを使用するタイプの組み合わせは、実用的なレベルまで達しているように感じました。

またYouTubeのように圧縮された音源ではなく、CDと同程度のデジタル音源を再生した場合はさらに満足度が上がります。インターネットの接続も必要ないですしね。

 

 

終わりに

以上でApple純正のアクセサリー、 「USB-C Headphone Jack Adapter」 に関する紹介を終わります。

私個人の感想としては、「Lightning-3.5mm ヘッドフォンジャックアダプタ」よりも、「USB-C Headphone Jack Adapter」は大分音質が改善されたように感じました。

ただ「3.5mmのヘッドフォンを直挿し」した時の音声と比べると、負けてるような印象を受けるので、前回にLightning-3.5mmアダプターを使用しているか使用していないかで、評価が別れる商品だと思います。前回より性能はアップしてますが、けして、音質を求める人向けの商品ではありません。

 

ただどうしてもiPadの4つのスピーカーを鳴らすことが出来ない時、Bluetoothだと接続不良が心配になりそうな環境の時、USB-Cによるアダプターがあれば、有線でイヤホンやヘッドフォンが使用できるため、便利かなと思いました。

音ゲーの人とかは遅延が気になるので、有線が大事とか聞きますしね。

 

私的には、今後iPhoneにUSB-Cが搭載されることを見越して、買いの商品だと思ってます。ヘッドフォンやイヤホンなどの、過去の資産も使いたいですしね。

 

それでは今日はこのへんで。

また、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

AUKEY USB-C ウルトラスリム USB3.0 SD カードリーダー
【AUKEY USB C to USB 3.0+SD カードリーダー レビュー】iPad Proで使うのに安くてコスパ最高だったiPad Proで使用する「SDカードリーダー」は何を使用されていますか? 今日は、「安い・軽い・小さい」でコスパ抜群の「AUKE...
【周辺機器】iPad Pro 12.9インチと一緒に買うべきアクセサリー8選【オススメ】今回は「iPad Pro」で使用できるオススメのアクセサリーを、8つご紹介します。 もちろん一部商品は「10.2インチのiPad」...
【USB-Cハブの比較】iPad Pro (2018) 第三世代にオススメの商品はこれ。皆さん、UBS-Cハブ、使っていますか? ここまでiPad Pro 12.9インチ (2018) 第三世代のフォトレビューを書いて...
新型iPad Pro (12.9)・アクセサリーの記事一覧(まとめ)この記事では、iPad Pro 12.9インチ(2018)第3世代モデルの「レビュー」と、その「アクセサリー」に関する記事をまとめて確認...