ガジェット

【Anker】モバイルバッテリー搭載の急速充電器を発売【PowerCore Ⅲ Fusion 5000】

Ankerは「急速充電器」ながら、「モバイルバッテリー」としても利用ができる「PowerCore Ⅲ Fusion 5000」を発売致しました。

 

きむきむ。
きむきむ。
「USB Type-Cポート」と「Type-Aポート」が付いているので、とても使いやすい急速です。

 

 

Anker 「PowerCore Ⅲ Fusion 5000」のスペック

PowerCore Ⅲ Fusion 5000
USB-Cポート (出力専用)1つ
USB-Aポート1つ
入力 (AC)100〜240V
出力 (DC) ーUSB-A5V 2.4A
出力 (DC) ーUSB-C5V 3A
出力 (DC) ーUSB-C9V 2A
総電力18W (2ポート時15W)
PowerIQ 3.0 (Gen2)
USB PD (Power Delivery)
低電流モード
PSE認証
折りたたみ式プラグ
トラベルポーチ
バッテリー容量4,850 mAh
充電時間2時間40分
製品保証18〜24ヶ月
サイズ (幅 × 奥行き × 高さ)78 × 30 ×71.5mm
重量176グラム
税込み価格3,590円

<出典:Amazon

 

低電流モードが搭載されているため、

イヤホンやウェアラブル端末のような小型機器でも、最適な電流で充電することが可能となっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
スマホやiPadなどのタブレットで使えます。

 

Anker 「PowerCore Ⅲ Fusion 5000」の魅力

 

PowerCore Ⅲ Fusion 5000の魅力は、何と言っても

・急速充電器 (最大18Wのフルスピード充電)

・モバイルバッテリー (コンセント内蔵)

2つの製品が1つになっているところにあります。

例えば、iPhone 11であれば、

30分で最大50%まで充電が可能ですし、

 

スマホを「充電」しながらモバイルバッテリーも「充電」することができるので、

いちいち「スマホ」と「モバイルバッテリー」を別々に充電する必要がないので管理が非常にラクになります

 

きむきむ。
きむきむ。
10,000mAhのモバイルバッテリーだと大容量すぎて充電を忘れることがあるので、スマホとモバイルバッテリーの充電がセットなのは結構便利です。

 

また「USB-Aポート」と「USB-Cポート (出力のみ」が1つずつ付いているので、この点も地味に便利です。

カメラやパソコンの周辺機器(マウスなど)はまだUSB-Cポートが付いていない機器も多いので、

自宅にあるケーブルが利用しやすい仕様になっているのは良心的と言えるのではないでしょうか。

 

きむきむ。
きむきむ。
早くカメラとか、全てにUSB-Cポートを導入して欲しいですけどね。まだまだ過渡期が続きます。

 

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!