ガジェット

【比較】シャオミ「Redmi Note 9S」とソニー「Xperia 8 Lite」の違い【性能怪獣vs国内スマホ】

シャオミ「Redmi Note 9S」とソニー「Xperia 8 Lite」の画像

シャオミ「Redmi Note 9S」とソニー「Xperia 8 Lite」の違いを比較していきます。

2020年の売れ筋スマホとソニーのミドルレンジスマホの対決です。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

今年のSIMフリー市場を牽引しているシャオミ。

その立役者となっているのは間違いなく「Redmi Note 9S」の存在が挙げられますが、

ここに来てソニーが「3万円台」のスマホを投入してきました。

今の所MVNO業者限定で9月から発売となっていますが、

今後ますます競争が激化するのは、必然と言えるでしょう。

というわけで今回は、

シャオミ「Redmi Note 9S」とソニー「Xperia 8 Lite」を比較していきます。

この機会にぜひチェックしてみてください。

それではさっそく、内容を見ていきましょう。

 

シャオミ「Redmi Note 9S」とソニー「Xperia 8 Lite」の違い

ソニー「Xperia 8 Lite」の画像
Redmi Note 9SXperia 8 Lite
ディスプレイ6.67インチ6.0インチ
解像度2,400 × 1,0802,520 × 1,080
画面比率 (アスペクト比)20:921:9
画面占有率91%
デザインパンチホール縦長クラシック
OS MIUI 11Android 9
OSのベースAndroid 10
SoCSnapdragon 720GSnapdragon 630
RAM4GB / 6GB4GB
ストレージ64GB / 128GB64GB
重量209グラム170グラム
高さ165.75mm158mm
76.68mm69mm
厚み8.8mm8.1mm
インカメラ16MP (f/2.48)8MP (f/2.0)
アウトカメラ個数4個2個
広角48MP (1.79)12MP (f/1.8)
超広角8MP (f/2.2)
望遠8MP (f/2.4)
ポートレート(深度測定)2MP (F/2.4)
マクロ5MP (f/2.4)
720P スローモーション最大960fps
手ブレ補正(電子式EIS)静止画・動画静止画・動画
手ブレ補正(光学式OIS)
バッテリー容量5,020mAh2,870mAh
連続「通話」時間約33時間約26時間
連続「待受」時間約531時間約590時間
Gorilla GlassVersion 5Version 6
指紋認証 (側面)
顔認証
Bluetooth 5.0
Google Play
IEEE 802.11ac
USB Type-C
急速充電 
ヘッドフォンジャック
DSDV
nanoSIM2枚1枚
microSD
トリプルスロット
ハイレゾ
HDR10 (広い明るさの幅)
赤外線リモコン
PS4 リモートプレイ
DUALSHOCK 4
防水・防塵 (IPX5/8、IP6X)
NFC
Felica (おサイフケータイ)
ステレオスピーカー
ワイヤレス充電
ワンセグ・フルセグ
付属品ケース、フィルム
カラー黒・白・青黒・白
発売日2020年6月2020年9月
税込価格→下位モデル2万4,800円
税込価格→上位モデル2万9,800円最安29,480円〜

<出典:シャオミソニー

Xperia 8 Liteの価格に関しては、MVNO事業者によって値段が異なります。

・IIJmio → 29,480円

・mineo → 36,168円

・nuroモバイル → 32,780円

 

きむきむ。
きむきむ。
税込価格、「約3万から3.6万」と振り幅は大きめです。

 

どちらの端末も

・USB Type-C

・Google Play

・ヘッドフォンジャック

・指紋認証

・急速充電

に対応しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
ワイヤレス充電には、どちらも対応していません。

 

シャオミ「Redmi Note 9S」が向いている人

シャオミ「Redmi Note 9S」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・処理性能の高いスマホが欲しい (Snapdragon 720G)

・縦長スマホより、ベゼルレススマホ派 (画面占有率91%、6.67インチ)

・解像度の高い写真が取りたい (4,800万画素の広角カメラとインカメラ)

・カメラをよく使う (4眼カメラ)

・トリプルスロットを使いたい (nanoSIM 2枚 +microSD 1枚)

・安いスマホが良い (約2.5万から3万)

・回線契約無しに、SIMフリースマホを手に入れたい。

Redmi Note 9Sは、デカイ・速い・安いの三拍子揃ったスマホです。

下位モデルと上位モデルの2機種が発売されていますが、

約2.5万円〜3万円と、「価格設定を間違えたのではないか?」と思うほど激安価格で発売されています。

 

きむきむ。
きむきむ。
中国の安くて性能の高いスマホが、ついに日本へ来ました。

 

特に

・プロセッサ

・4眼カメラ

・トリプルスロット (nanoSIM 2枚 +microSD 1枚)

は秀逸で、

プロセッサの処理性能に関しては、

ベンチマークソフトのAnTuTu点数でいうと、約28万点。

Xperia 8 Lite が約16万点であることを考えると、

ゲームをするならRedmi Note 9S一択という感じです。

 

きむきむ。
きむきむ。
2017年のハイエンドスマホに搭載されていた、Snapdragon 835 (Galaxy S8)相当のAnTuTu点数です。

 

カメラもメインは4,800万画素の広角レンズを搭載しており、

その他マクロや深度センサー、超広角カメラも搭載。

インカメラも1,600万画素と中々の高い解像度なのが自撮り派に嬉しいところです。

 

きむきむ。
きむきむ。
解像度の高い写真は容量を食いますが、microSDカードが使用できるのでそちらを積極的に利用していきましょう。

 

Xperia 8 Liteは縦長スマホということでエンタメの消費に優れたスマホですが、

こちらも6.67インチと大画面のスマホです。

209グラムという重ささえ許容できれば、コスパ抜群のスマホと言えます。

 

きむきむ。
きむきむ。
防水性能などガラケー機能を省略した分、処理性能に力を入れてきたモデルです。

 

ソニー「Xperia 8 Lite」が向いている人

ソニー「Xperia 8 Lite」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・防水・防塵性能は必須 (IPX5/8、IP6X)

・おサイフケータイ (Felica)を使う。

・頑丈なスマホが欲しい (Gorilla Glass Version 6)

・片手で使える縦長スマホに魅力を感じる (6インチ、170g、幅が約7mm短い)

・バッテリー持ちを重視する (連続待ち受け時間約590時間)

・ズームで写真をよく撮る (53mmの望遠レンズ)

ソニー「Xperia 8 Lite」は、6インチのボディに縦長21:9のワイドディスプレイを搭載したスマートフォンです。

Redmi Note 9Sと比較すると、

日本国内ユーザーが重視している

・防水、防塵性能

・おサイフケータイ (Felica)

・片手での操作感

・バッテリー持ち

を重視したスマホとなっており、

日常用途で使いやすいスペックとなっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
Redmi Note 9Sは209グラムと重たいので、片手では使いづらいです。

 

最近のソニーのスマホのトレンドとなっている21:9比率のワイドディスプレイ

・6インチ (色合いに優れたトリルミナスディスプレイ for mobile)

・170グラム

・幅69mmのサイズ (Redmi Note 9Sよりも7mm短い)

のコンパクトさで実現しており、

しかもお値段約3万。

おサイフケータイを多様する方にとって取り回しの良さが光るスマートフォンです。

 

きむきむ。
きむきむ。
回線契約が必要な点が残念ですが、それでもバランスに優れた機能に縦長ディスプレイという個性が加えられています。

 

 

まとめ!スペック番長な「Redmi Note 9S」。バランス重視な「Xperia 8 Lite」

以上、シャオミ「Redmi Note 9S」とソニー「Xperia 8 Lite」の違いについてご紹介致しました。

まとめると、

・Redmi Note 9S → デカくて速くて安いスマホ (約2.5〜3万)

・Xperia 8 Lite → 頑丈でコンテンツの消費にも優れているスマホ (約3〜3.6万)

という内容でした。

シャオミ「Redmi Note 9S」は、6.67インチ4眼カメラを搭載。

処理性能に優れたSnapdragon 720Gを採用しているのでスマホでゲームを行いたい方にも向いている

安価で優れたスマホです。

 

きむきむ。
きむきむ。
正直、バーゲンプライスですね。

 

一方ソニー「Xperia 8 Lite」は、そこまで処理性能は高くないものの、

優れた防水性能やおサイフケータイ(Felica)など実用性に特化しています。

派手さはありませんが、これまで日本の市場で重要視されてきた機能が搭載されているため

ちょっとしたところでストレスを感じることが少ないスマホです。

あと軽くて、縦長です。片手で使えます

 

きむきむ。
きむきむ。
スマホに「処理性能」や「カメラ」を求めるか、「多機能性」を求めるかの戦いですね。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

ソニー「Xperia 8 Lite」とグーグル「Pixel 4a」の画像
【比較】ソニー「Xperia 8 Lite」とグーグル「Pixel 4a」の違い【わりと好みは分かれる】ソニー「Xperia 8 Lite」とグーグル「Pixel 4a」の違いを比較していきます。 尖ったビジュアルでエンタメに優れたソ...
ソニー「Xperia 8 Lite」とOPPO「Reno3 A」の画像
【比較】ソニー「Xperia 8 Lite」とOPPO「Reno3 A」の違い【黒船襲来】ソニー「Xperia 8 Lite」とOPPO「Reno3 A」の違いを比較していきます。 約3万円から手に入るコスパの良いXpe...
シャオミ「Redmi Note 9S」とグーグル「Pixel 4a」の画像
【比較】シャオミ「Redmi Note 9S」とグーグル「Pixel 4a」の違い【約3万円から】シャオミ「Redmi Note 9S」とグーグル「Pixel 4a」の違いを比較していきます。 3万円を切る価格のRedmi No...
シャオミ「Redmi Note 9s」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の比較画像
【比較】シャオミ「Redmi Note 9S」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の違い【性能怪獣】シャオミ「Redmi Note 9S」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の違いを比較していきます。 この2台は特長が...

 

こんな記事はいかがですか?