ガジェット

【比較】シャオミ「Mi 10 Lite 5G」と「Mi Note 10 Lite」の違い【4万円台スマホ】

シャオミ「MI 10 Lite 5G」と「Mi Note 10 Lite」の画像

シャオミ「Mi 10 Lite 5G」と「Mi Note 10 Lite」の違いを比較していきます。

同じメーカー、同じ価格帯のこの2台は、選ぶのがちょっと大変です。

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

シャオミから5Gに対応した「Mi 10 Lite 5G」が発売されました。

シャオミはこの半年でコスパに優れたスマホをばんばん連発していますが、

ちょっと言いたい。

 

きむきむ。
きむきむ。
「Redmi」は判別できるけど、「Mi」シリーズは「バリエーションが豊富」で難しいです...。

 

Miシリーズは海外で発売されているモデルを含めると非常に商品ラインナップが豊富で、

しかも国内で発売するにあたりカスタマイズを行うこともあるので、頭がこんがらがってしまいます。

 

きむきむ。
きむきむ。
それに加えて今度は5G端末も販売されました。魅力的なスマホに間違いないですが、ユーザーからすると違いがわかりづらくなっています。

 

そのため今回は、

シャオミ「Mi 10 Lite 5G」と「Mi Note 10 Lite」の比較を行います。

商品を検討する際の参考にして頂ければ幸いです。

それではさっそく、内容を見ていきましょう。

 

シャオミ「Mi 10 Lite 5G」と「Mi Note 10 Lite」の違い

シャオミ「Mi 10 Lite 5G」の画像
Mi 10 Lite 5GMi Note 10 Lite
ディスプレイ6.6インチ (有機EL)6.47インチ(曲面有機EL)
解像度2,400 × 1,0802,340×1,080
画面占有率91.4%
デザイン水滴ノッチ水滴ノッチ
OSMIUI 11MIUI 11
OSのベースANdroid 10Android10
SoCSnapdragon 765GSnapdragon 730G
RAM6GB6GB
ストレージ128GB64 / 128GB
重量193グラム204グラム
高さ164mm157.8mm
75mm74.2mm
厚み8.7〜9.9mm9.67mm
インカメラ16MP (-)16MP (f/2.48)
アウトカメラ個数4個4個
広角48MP (f/1.79)64MP (f/1.89)
超広角8MP (f/2.2)8MP (f/2.2)
ポートレート(深度測定)2MP (f/2.4)5MP (f/2.4)
マクロ2MP (f/2.4)2MP (f/2.4)
1080Pのスローモーション960fps120fps
バッテリー容量4,160 mAh5,260mAh
急速充電20W30W
連続「通話」時間約29時間
連続「待受」時間約440時間
Gorilla GlassVersion 5Version 5
Bluetooth5.15.0
「画面内」指紋認証
顔認証
Google Play
USB Type-C
IEEE 802.11ac
ヘッドフォンジャック
ハイレゾ
NFC
動画編集機能 (VLOG)
HDR10 (広い明るさの幅)
赤外線通信
5G 「Sub-6」(サブ6)
5G 「ミリ派」
ステレオスピーカー
DSDV
nano SIM1枚2枚
microSD
Felica (おサイフケータイ)
Dolby Atmos
防水・防塵
ワイヤレス充電
ワンセグ・フルセグ
付属品ケース、フィルムケース
カラー灰色・白黒・白・紫
販売キャリアauSIMフリー
発売日2020年9月2020年6月
税込み価格 → 下位モデル3万9,800円
税込み価格 → 上位モデル 4万2,740円4万4,800円

<出典:シャオミ

シャオミ「Mi 10 Lite 5G」はau専売で発売されているスマートフォン。

最近はキャリアでも端末のみで購入できるようになりましたが、

対応していない店舗も存在するので、なるべく

・各キャリアの「直営店」に行く。

・電話で「販売可能か」連絡を取る。

といった行動を取るようにしましょう。

1万円ほど価格を上乗せしても大丈夫であれば、端末のみの購入可能するお店もあるようです。

 

きむきむ。
きむきむ。
「Mi Note 10 Lite」は普通に「オンライン」で購入できます。

 

こちらの2台は、どちらも

・「画面内」指紋認証

・顔認証

・Google Play

・USB Type-C

・ヘッドフォンジャック

・ハイレゾ

に対応しています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「microSD」や「おサイフケータイ (Felica)」には、残念ながらどちらも対応していません。

 

シャオミ「Mi 10 Lite 5G」が向いている人

シャオミ「Mi 10 Lite 5G」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・5Gを使ってみたい (Sub-6)

・処理性能の高いプロセッサが欲しい (Snapdragon 765G)

・スローモーション撮影を行う (1080Pで960fps)

・ステレオスピーカーが欲しい。

・少しでもスマホを軽くしたい (193グラム)

MI 10 Lite 5Gは、第5世代移動通信システム(5G)に対応しながら、価格を4万円台前半に抑えたコスパ抜群のスマホです。

5G対応スマホは10万円前後の値付けがされることが多いので、その値段は半額以下。

ミドルレンジの価格であるにも関わらず、間違えて5Gにも対応してしまった価格崩壊スマホです。

 

きむきむ。
きむきむ。
auから発売されていますが、安いスマホにしたいけどせっかくだから「5G対応」にしておく、と気軽に選びやすいスマホです。

 

「Mi Note 10 Lite」と比較すると、似ているところも多いですが、

より処理性能に優れたプロセッサを搭載しており、

Snapdragon 765Gの処理能力的には、

ベンチマークソフトのAnTuTu点数でいうと、約30万点となっています。

Mi Note 10 Liteの約28万点を若干上回る数値となっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
Galaxy S9 (2018年)に発売された「Snapdragon 845」に匹敵するパフォーマンスです。

 

5Gということで発熱も気になりますが、

フローティングステレオ液冷システム搭載のため急激な熱の上昇を防ぎ

また1080P 960fpsのスローモーション撮影に対応するなど遊び心に優れたスマホとなっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
予め「ケース」と「フィルム」が搭載されているのも良いですね。

 

 

シャオミ「Mi Note 10 Lite」が向いている人

シャオミ「Mi Note 10 Lite」が向いている人は、このようなタイプの方です。

・美しい筐体 (曲面有機EL、画面占有率91.4%)

・解像度の高い写真が撮りたい (6,400万画素)

・バッテリー性能にこだわる (5,260mAh、30Wの急速充電)

・nanoSIMは2枚挿したい (DSDV)

・気軽にSIMフリースマホを購入したい人。

6.47インチの曲面有機ELディスプレイを搭載したMi Note 10 Liteは、

画面占有率91.4%を実現させたデザイン性に優れるスマートフォンです。

100グラムほどMi 10 Lite 5Gよりも重たいですが、

その分5,260mAhのバッテリーと30Wの急速充電を搭載しており、

バッテリー性能にこだわるのであればMi Note 10 Lite一択でしょう。

 

きむきむ。
きむきむ。
モバイルバッテリーを持ち歩く必要がなくなります。

 

また4眼カメラのメインとなる広角レンズは6,400万画素搭載。

Mi 10 Lite 5Gよりも高解像度の写真を撮ることができ、

また嬉しいDSDV対応で、nanoSIMを2枚同時利用することができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
SIMフリースマホとして幅広く売られているので、手に入れやすいのも特長です。

 

 

まとめ!お手軽な5Gスマホ「Mi 10 Lite 5G」。バッテリー性能が魅力的な「Mi Note 10 Lite」

以上、シャオミ「Mi 10 Lite 5G」と「Mi Note 10 Lite」の違いについてご紹介致しました。

まとめると、

・Mi 10 Lite 5G → 5Gに対応し処理性能もイケてるスマホ (約4.3万)

・Mi Note 10 Lite → DSDVにも対応したバッテリー特化のスマホ(約4〜4.5万)

という内容でした。

Mi 10 Lite 5Gは6.6インチの有機ELディスプレイを搭載し、

第5世代移動通信システム(5G)に対応したコスパ抜群のスマホです。

より処理性能に優れたSnapdragon 765Gを搭載しているのでゲームアプリの使用に向いており、

熱の上昇にも「フローティングステレオ液冷システム」搭載で対策を行っています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「ステレオスピーカー」や「HDR10+」にも対応しているので、「ゲーム」や「動画鑑賞」に優れたモデルです。

 

一方Mi Note 10 Liteは、6.47インチの曲面有機ELディスプレイを搭載したデザインがおしゃれなスマホです。

6,400万画素の写真を撮ることができ、5,260mAhのバッテリーを搭載しているので旅行が好きな方に向いています。

 

きむきむ。
きむきむ。
nanoSIMも2枚挿せるので、海外旅行時にはとても役立ちます。

 

価格的には、どちらも4万円から4.5万円という同じ価格帯のスマホです。

ただ「Mi 10 Lite 5G」はau専売のため入手がしづらく、「Mi Note 10 Lite」は気軽にオンラインで購入できる特長があります。

 

きむきむ。
きむきむ。
5Gを使うには結局大手キャリアとの通信契約が必要なので、そのあたりも考慮しながら端末を選ぶのが良いでしょう。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

 

 

シャオミ「MI 10 Lite 5G」とグーグル「PIxel 4a」の画像
【比較】シャオミ「Mi 10 Lite 5G」とグーグル「Pixel 4a」【ほぼ同価格】シャオミ「MI 10 Lite 5G」とグーグル「Pixel 4a」の違いを比較していきます。 どちらも4万3,000円前後と価格...
【比較】OPPO「Reno3 A」とシャオミ「Mi 10 Lite 5G」の違い【価格はほぼ同じ】OPPO「Reno3 A」とシャオミ「Mi 10 Lite 5G」の違いを比較していきます。 約4万のスマホながら、どちらも魅力的...
シャオミ「Mi Note 10 Lite」とシャープ「AQUOS sense3」の比較画像
【比較】シャオミ「Mi Note 10 Lite」とシャープ「AQUOS sense3」の違い【4万円】シャオミ「Mi Note 10 Lite」とシャープ「AQUOS sense3」の違いを比較していきます。 現代的なスマホと、万能...
シャオミ「Mi Note 10 Lite」とシャープ「AQUOS sense3」の比較画像
【比較】シャオミ「Mi Note 10 Lite」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の違い【6インチ】シャオミ「Mi Note 10 Lite」とシャープ「AQUOS sense3 plus」の違いを比較していきます。 どちらも6イ...