Q&A

【Q&A】1週間でTOEICの点数を上げる方法はあるか?

こんにちは、きむきむです。

1週間でTOEICの点数を上げる方法はありますか

今日はこの質問について考えていきます。

本来であれば、ゆとりある勉強期間の元、計画的に学習を行うのが望ましいですが、やむを得ない事情で1週間しか勉強の期間が取れないことはあると思います。

そこで、勉強期間が1週間しかない場合、どのような勉強を行うべきか書いていきたいと思います。

ではさっそく、行ってみましょう。

 

初めに

1週間の勉強でTOEICの対策を行う時、頭に入れておかなければならないことは基本的には「語学力の向上」を目指すというよりも、

「TOEIC」という試験そのものに慣れるための学習を行う

ということです。

つまり本来であれば、少なからず英語力の向上を期待してTOEIC試験を勉強している方が多いと思いますが、1週間という短い期間ではそれほど実力の向上は見込めず、あくまでも「目標点数を達成するための取り組み」に専念する1週間である、ということです。

また初心者であれば一定の効果は望めますが、上級者においては効果が薄いと思われるため、注意してください。あくまで緊急時の学習方法です。

1週間と時間が限られているため、あまり多くのことは求めず、やれるべきことのみにフォーカスして学習を行って行きましょう。

 

1週間に行うべき学習内容

TOEIC1週間前に行うべき学習内容は、大きく2つにわけることができます。

・TOEICという試験に慣れる。

・TOEICの頻出分野を学習する。

とくにこの「試験に慣れる」というところがポイントで、下手に学習を行うよりもTOEICという試験そのものに慣れるための訓練を積むことは、非常に効果的です。

なぜかというと、そこで学んだことがそのまま試験に出題される可能性があると同時に、練習で本番と同じような環境を疑似体験できるため、テスト当日でもその人の実力が発揮しやすくなるからです。

では具体的に学習内容を見ていきましょう。

TOEIC試験に慣れる

TOEIC試験に慣れるためには、模試本を使用することが大切です。

方法は2種類あり、

・試験1回分をまるごと受ける

・リスニング/リーディングセクションを、別々にして受ける。

というものです。

模試1回分をまるごと受ける。

TOEIC試験そのものをあまり受けたことが無い人にとっては、2時間という長丁場の試験はとても長く、集中力が持たない傾向があります。

またテンポよく問題を解いていき、タイムマネジメントを行うという経験が圧倒的に不足しているため、たとえ解ける問題であっても、時間を割くことができないため不正解になってしまうことがあります。

英語上級者の方にとっては、出題される問題全て解いていく必要がありますが、初心者においてはそんなことはありません。出来ない問題が出題されるのが普通なので、そういった問題には手を付けず、出来る可能性がある問題のみ手をつけることが求められます。

そういった状況判断を身につけたいと考える方は、模試を1回分、まるまる受ける必要があります。

 

リスニング/リーディングセクションを別々に受ける

こちらは、模試を1回分まるごと受けるのではなく、リスニング、あるいはリーディングセクションのみ試験を受けるということです。

TOEICは2時間という長丁場の試験ですが、

リスニングは、45分

リーディングは、75分

セクションごとに分ければ、それほど時間は必要ではありません

そのため

・自分の弱点を把握しているので、特定の分野だけ学習したい。

・1日にかけられる勉強時間が少ない

と考えている方は、学習するセクションをしぼって勉強を行ってください。

 

勉強の量

勉強の量としては、どちらも模試を2〜3回解いて、復習するようにしてください。

使用する模試は同じもので構いません。その内容を完璧に覚えられるように、努力してくだし。

そして仕上げとして、試験本番の前日に、異なる模試をもう一度解いてください。

こちらは復習する必要はありませんが、そのかわりに本番と同じような環境を整えて、チャレンジしてください。

試験の開始時間や、来ていく服装なども同じように設定するのが好ましいです。

TOEICの模試は多数出ていますが、オススメは下記のような参考書です。あまり奇をてらったものを選択する必要はありません。

 

TOEICの頻出分野を学習する

試験日までの1週間で、もう1つ学習してほしいことがあります。

それは「TOEICの頻出分野」の学習です。

こちらは試験直前まで学習を行ってほしいので、持運びが行いやすい、薄く小さい参考書が好ましいです。

個人的には、下記のような参考書

 

 

あるいはパート別にしぼった特急シリーズ

 

そのほか単語帳が好ましいです。

 

ポイントは

試験にそのまま出題される参考書を選ぶ

ということで、例文が多数掲載されており、ポイントをすぐに把握できる参考書が最適です。

 

終わりに

以上で「1週間でTOEICの点数を上げる方法」に関する記事を終わります。

まとめると

・TOEIC試験に慣れる。

・TOEICの頻出分野を学習する。

という2つが、TOEIC試験1週間前に行ってほしい学習内容です。

あまり多くのことに手につけることはできないので、「学習前に今回はコレを行う!」と勉強する範囲をしぼってから、それのみを集中的に学習を行ってください。

むしろ少なすぎる位の範囲でも良いと思います。ただ反復学習は行ってください。

TOEIC試験、良い結果が出ると良いですね。

それでは今日はこのへんで。

またお会いしましょう。

管理人、きむきむ。