TOEIC 900点

TOEIC 900点を取るために必要な3つの考え方

この記事では、TOEIC900点を取るために必要な、勉強に対する考え方・向き合い方について解説しています。

これまでTOEICの目標スコア別に勉強法や具体的な勉強計画についていくつか記事を投稿しましたが、それを実践する上でどのような心構えで勉強に取り組むべきか質問がありました。

そのためこの記事では、

・TOEIC 900点を取る人が、どのようなマインドで勉強に取り組んでいるのか。

・気をつけるべきことは何か。

・何を意識して勉強にチャレンジするべきか。

といったことをテーマに記事が作成されています。

勉強の指針として今持っているあなたのスタンスと比較し、より良い方向に物事が進むように参考にしてみてください。

ではさっそく内容を見ていきましょう。

 

TOEICで900点以上獲得するための勉強計画この記事では、TOEIC900点以上を獲得するための具体的な「勉強計画」について解説しています。 ...

 

TOEIC 860点から、最短で目指すTOEIC 900点勉強計画①この記事では、「必要最低限の勉強」で目標を達成するための「勉強計画」について解説しています。 前回の記事では、「900点以上」も狙...

 

TOEIC 900点を取るために必要な、3つの考え方

TOEIC 900点を取るうえで、下記の3つを予め知っていると勉強が捗ります

①スタンスは、TOEIC 860点を目指す時と変わらない。

②模試で満点に近い点数を取るのは、当たり前。

③試験は毎回申し込む。

では、順番に説明していきます。

 

スタンスは、TOEIC 860点を目指す時と変わらない

TOEIC 900点を取るために必要な3つの考え方の1つ目は

スタンスは、TOEIC 860点を目指す時と変わらない」、というものです。

 

TOEIC 860点を取るために必要な、3つの考え方この記事では、TOEIC860点を取るために必要な、勉強に対する考え方・向き合い方について解説しています。 これまでTOEICの目...

 

上記の記事で詳しく解説していますが、

ここからは成長が鈍化するけど、英会話とかに浮気しないでTOEICの勉強をメインに据えて学習を行おう。単語とリスニングを徹底的に学習しよう。

といったことを書きました。

どういうことかというと、

TOEIC 860点の延長線上にTOEIC 900点は存在するため、

今までのやり方を、「凡事徹底」すればそれだけで目標は達成できますよ

ということです。

けしてラクできるという意味ではなく、「方向性は同じなので継続的に努力すべき」、という話です。

「何か特別なことをする、複雑なことをする、やり方を変える」ではなく、積み重ねるイメージを持つのがポイントです。

 

模試で満点に近い点数を取るのは、当たり前

2つ目は、「模試で満点に近い点数を取るのは、当たり前」である、ということです。

TOEIC 900点以上を目指す方は、すでにかなりの知識が身についていると思います。

模試もかなりの量をこなしているでしょうから、

自宅での学習で950点以上獲得することも日常

になりつつあります。

ただ気をつけなければならないのは、かといって本番の試験では

TOEIC 900点以上取れる保障はない

ということです。

TOEICは自宅ではなく外に出ていつもとは違う環境で試験を受ける必要があります

また試験は難化傾向にあるため、本番では普段使用している参考書よりも問題が難しい可能性があります。

そのため、普段の学習で目標点数を達成しているからといって、気を緩める、TOEICを甘く考えるのはなるべく避けましょう

適度な緊張感やプレッシャーを保ち続けるのが良い成績を残すためのポイントです。

 

試験は毎回申し込む

TOEIC 900点を取るために必要な3つの考え方のラストは

試験は毎回申し込む」というものです。

その理由は2つあり、

・TOEICの難易度は試験ごとに異なる。

・経験値を獲得する。

というものです。

TOEICは年10回開催され、成績は±50点程度前後する可能性があります。

目標点数の達成にフォーカスした時、こうした試験の問題への相性や、運に左右されることはなるべく避けたいため、いっそのこと毎回申し込むようにしてください

お金はかかりますが、だからこそ試験に対する真剣さが生まれますし、経験値がたまります。

もし達成できなければ、毎回受けているのに結果が出せない自分に対してフラストレーションが発生するはずなので、それも学習のための良い動機付けになります。

 

まとめ

まとめると、「TOEIC 900点を取るために必要な3つの考え方」は、

①スタンスは、TOEIC 860点を目指す時と変わらない。

②模試で満点に近い点数を取るのは当たり前。

③試験は毎回申し込む。

というものです。

一言でまとめると、

今までのやり方を継続し、毎回TOEICの試験を受けよう。

というものです。

毎回試験を受けていると、もはやTOEICがライフワークのように当たり前な存在になるため、普段の実力を発揮しやすくなります

TOEICの世界において、1つの到達点である900点。

目標達成できるように手を動かし続けるのがポイントです。

 

それではまた次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむ。