ガジェット

【比較】Wear OS搭載「OPPO Watch」とファーウェイ「WATCH FIT」の違い【ロマン】

「OPPO Watch」とファーウェイ「WATCH FIT」の画像

Wear OSを搭載した「OPPO Watch 41mm」とファーウェイ「WATCH FIT」の違いを比較していきます。

OPPO初のスマートウォッチである「OPPO Watch」は、どこまで魅力的な製品に仕上がっているのでしょうか?

 

きむきむ。
きむきむ。
こんにちは、きむきむです!

 

2020年7月。スマートフォン市場で印象的な活躍を残しているOPPOが、同社初のスマートウォッチ「OPPO Watch」を発表致しました。

スマートウォッチも各社しのぎを削っておりますが、また新たに強力なプレーヤーの参入となりました。

というわけで今回は、

OPPO Watch」と業界をリードするファーウェイ「WATCH FIT」を比較していきます。

一体どのような違いあるのか、この機会にぜひチェックしてみてください。

それではさっそく、内容を見ていきましょう。

 

Wear OS搭載「OPPO Watch」とファーウェイ「WATCH FIT」の違い

ファーウェイ「WATCH FIT」の画像
OPPO WatchWATCH FIT
サイズ1.6インチ1.6インチ
解像度360 × 320 (301ppi)456 × 280 (326ppi)
重量30.1グラム21グラム
36.37mm46mm
41.45mm30mm
厚み11.4mm10.7mm
画面占有率約70%
ディスプレイ有機EL (AMOLED)有機EL (AMOLED)
SoCSnapdragon Wear 3100
SoC (省エネ時に起動)ambiq Micro Apollo3
ストレージ8GB4GB
バッテリー容量
バッテリー持続日数約24時間 (省エネ24日)10日 (GPS時12時間)
充電時間75分で「フル充電」5分で「約1日分」
素材アルミ合金ポリマー
Androidでの使用
iOSでの使用
主に「出来る」こと9個11個
プロスポーツモード4種類11種類
カスタムワークアウト85種類
心拍モニタリング
睡眠モニタリング
ストレスモニタリング
メッセージの通知◯(Androidのみ)
音楽の再生コントロール◯ (Androidのみ)◯ (Androidのみ)
文字盤の交換◯ (iPhoneは9月以降)◯ (Androidのみ)
呼吸エクササイズ
ランニングアシスタント(音声)
AIによる文字盤の提案
5分間の運動プログラム
ワークアウト動画の視聴
女性向けの健康追跡機能
リモート写真撮影△ (自社スマホのみ)
センサー数12個9個
3軸加速度センサー
3軸ジャイロセンサー
光学式心拍センサー
装着検知 (静電容量)センサー
環境光 (調光)センサー
磁気センサー (コンパス)
気圧センサー
防水性能3ATM (水深30m)5気圧 (水深50m)
Bluetooth4.25.0
充電端子磁気充電ポート磁気充電ポート
充電時の「取り外し」の有無無し無し
急速充電 (VOOCフラッシュチャージ)
GPS + GLONASS
Wi-Fi b/g/n
Wear OS アプリ
OK Google
Google アシスタント
Google Fit
Google Play
ワークアウトの自動識別◯ (6種類)
常時点灯表示 (AOD)
電子マネー (Suica)
色 (標準)3種類4種類
バンドの色 (別売り)3種類4種類
発売日2020年9月2020年10月
税込価格2万5,800円1万5,180円

<出典:OPPOファーウェイ

スマートウォッチは

・心拍のモニタリング

・睡眠のモニタリング

・スマホとの提携

が基本機能です。

「OPPO Watch」と「WATCH FIT」はその全てに対応していますが、

スマホとの提携に関しては、iPhoneユーザーは特に注意が必要です。

というのも、一部機能はAndroid限定。あるいはファーウェイのスマホ限定のものが存在するからです。

 

きむきむ。
きむきむ。
「性能」や「デザイン」、「コスパ」は良いですが、iPhoneユーザーが全ての機能を使うのは難しいです。

 

Wear OS搭載「OPPO Watch」が向いている人

Wear OS搭載「OPPO Watch」が向いている人は、このようなタイプの人です。

・「Wear OS by Google アプリ」を使いたい。

・ランニングを行いながら、走るペースなど音声でアドバイスを受けたい。

・5分間の運動プログラムを使いたい

・AIによる文字盤の提案 (HeyTap Health)を試したい。

「OPPO Watch」の魅力は、なんといっても「Wear OS」が搭載しているところでしょう。

Wear OSはグーグルが開発したスマートウォッチ用のOSで、Androidベースで動いています。

そのため

・「Google Play」でアプリのダウンロード

・「Google アシスタント」の使用

・グーグルで「健康に関する情報」の管理 (Google Fit)

といったことが可能になり、

まるでAndroidスマホが手首に装着してあるかのように、スマートウォッチを使うことができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
「Googleマップ」や「Google Keep」、「Spotify」が使えます。

 

 

スマートウォッチとしての機能を見てみると、

面白いのが「5分間のフィットネス」機能。

フィットネス用の動画を視聴しながら短時間でエクササイズが行えるため、

ちょっとしたスキマ時間を有効活用することができます。

 

きむきむ。
きむきむ。
カップラーメンを作るときに運動が捗りそうですね。

 

博士
博士
それは、むしろ食べなくて良いのでは?

 

またAndroid端末と提携させてスマホで写真を撮影すると、

着ている服装に合わせて、AIがオリジナルの文字盤を提案してくれるなどファッションに目を向けた機能も存在します。

 

きむきむ。
きむきむ。
バッテリー持続時間が「24時間」なのは少ないですが、いろいろ遊べるおもちゃという感じです。

 

ファーウェイ「WATCH FIT」が向いている人

ファーウェイ「WATCH FIT」が向いている人は、このようなタイプの人です。

・トラッキング機能がとても大切 (豊富なワークアウト測定や自動識別機能)

・バッテリー持ちを重視する (10日間)

・縦長のディスプレイに魅力を感じる

・軽いのが好き (21グラム)

・防水性能は強いほうが良い (水深50メートルまで)

・コスパを重視する (約1.5万)

ファーウェイ「WATCH FIT」は、1.6インチの縦長有機ELディスプレイを搭載したデザイン性にすぐれるスマートウォッチです。

OPPO WATCHは「Wear OS」を搭載しているところが最大の魅力でしたが、

「WATCH FIT」は従来型のスマートウォッチであるため

・バッテリー持ち

・トラッキング機能

の2つが圧倒的に優れています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「活動量計」として考えると、「WATCH FIT」に分があります。

 

たとえば最大96種類のワークアウトの記録が残せる点は、4種類しかない「OPPO WATCH」とは比較になりませんし、

バッテリー持続日数10日。

5分で約1日分のバッテリー充電ができる「WATCH FIT」は、非常に取り回しに優れています。

 

きむきむ。
きむきむ。
「ストレス」のモニタリングができ、それでいて価格が約1万円も安いのは大きいですよね。

 

まとめ!ロマンの「OPPO Watch」活動量計として素晴らしい「WATCH FIT」

以上、Wear OS搭載「OPPO Watch 41mm」とファーウェイ「WATCH FIT」の違いについてご紹介致しました。

まとめると、

・OPPO WATCH → AndroidベースのOSを搭載したグーグル好きの方のためのスマートウォッチ (約2.6万)

・WATCH FIT → 活動量計としての機能や、バッテリー持ちが素晴らしいスマートウォッチ (約1.5万)

という内容でした。

「OPPO WATCH」は、グーグル系のアプリを活用して健康管理できるところが素晴らしく、

「WATCH FIT」は、Apple Watchのようにデザイン製に優れながら、活動量計としての実用性に優れているところが、最大のウリとなっています。

 

きむきむ。
きむきむ。
OPPO WATCHはOSからして他の製品として違うので、追加で購入したくなる感じですね。

 

あなたはどっち派ですか?

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

きむきむ。
きむきむ。
また来てちょ〜!

 

ファーウェイ「WATCH GT 2 Pro」と「WATCH FIT」の画像
【比較】ファーウェイ「WATCH GT 2 Pro」と「WATCH FIT」の違い【Apple Watchの対抗馬】ファーウェイ「WATCH GT2 Pro」と「WATCH FIT」の違いを比較していきます。 アウトドア派の方も健康志向な方も、機能が充実しており非常に満足できるウェアラブル端末です。...
シャオミ「Miスマートバンド5」とファーウェイ「HUAWEI BAND 4 Pro」の比較画像
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」とファーウェイ「Band 4 Pro」の違い【スペック最高】シャオミ「Miスマートバンド5」と「HUAWEI Band 4 Pro」を比較していきます。 どちらも甲乙つけがたい、素晴らしいウ...
シャオミ「Miスマートバンド5」の画像1
【比較】シャオミ「Mi スマートバンド 5」と「Mi スマートバンド 4」の違い【5,000円以下】人気のスマートバンド、シャオミ「Miスマートバンド5」と「4」を比較していきます。 2019年12月に発売されたMiスマートバンド...
バッファロー「超小型SSD」の写真1
【レビュー】バッファロー 外付け「超小型SSD」が良い感じ。ペットボトルのフタ2個分の小ささ【960GB】バッファローの外付け、超小型「SSD-PSM960U3-B/N」をご紹介致します。 ペットボトル2個分のサイズで重さは15グラム。 安心の日本メーカーでお値段もお求めやすい、魅力的な外付けSSDです。...