ガジェット

Vivo 、Waterfall Screen搭載、「NEX 3」発表。これが未来のスマホの新デザイン

中国のスマホメーカーVivoが、Waterfall Screen搭載の新スマートフォン「NEX 3」を発表しました。

スマホの側面がエッジ化されたデザインの「Waterfall Screen」は、「今後のスマートフォンの進む未来」と言われており、

・側面がほぼ直角、90度のディスプレイになる。

・物理キーを置き換える形で機能の割当が可能。

といった特長を持っています。

 

スマホの側面のエッジ化が、「今後も進みそう」という話し。今日は「スマホのデザイン」に関するお話です。 スマートフォンの側面がエッジ化している端末といえば、 サムスンのGalaxyシ...

 

今回発表されたVivoの「NEX 3」はその先駆けであり、かなりのハイスペック端末として登場することになりました。

今日はそのNEX 3のスペックを見ていきましょう。

 

ウォーターフォールスクリーン搭載、NEX 3のスペック

 

NEX 3
ディスプレイ6.89インチ有機ELディスプレイ
解像度2,256×1,080
CPUSnapdragon 855 Plus
メモリ8GB / 12GB
ストレージ128GB(4Gのみ) / 256GB(5Gのみ)
GPUAdreno 640
メインカメラ64MP(f/1,8)+広角13MP(f/2.2)+望遠13MP(f/2.48)
フロントカメラ16MP(f/2.09)
SIMDSDV対応
バッテリー4,500mAh
高さ約167.44mm
約76.14mm
奥行き約9.4mm
重量約218.5g
USB Type C
ヘッドフォンジャック
SDカードスロット
ブラック・ブルー
実売価格4,998元(4G)、5,698元(5G)、6,198元(5G/メモリ12GB)
日本円(1円=15元)74,970円、85,470円、92,970円

<出典:Vivo

 

Vivo 「NEX 3」の主な特長

VivoのNex 3はハイスペック端末ということもあり、下記のような「ガジェット好きが好む機能」が備わっています。

・5G通信(4G版もありますが、価格は約1万円ほどしか変わりません)

・ポップアップ式カメラ

・ディスプレイ内指紋認証

・画面占有率99.6%の、ほぼ全面ディスプレイ

・ウォーターフォールスクリーン

・側面に付属する物理ボタン(電源ボタン等)の排除

・NFC

実現しているスマホの機能を「とりあえず全部実装すれば良いじゃん」的な雰囲気を醸し出す欲張りな端末だと思います。

それでいてお値段は「10万円以下」。お安い。

「5G対応のスマホ」は発熱だったり電池の持ちの悪さが指摘されていますが、そのあたりもどれ位ケアしているのか、今後見ていきたいところです。

 

終わりに

以上、「Vivo が新発表したスマートフォン、Waterfall Screen搭載、NEX 3」のご紹介でした。

Vivoといえば、世界で初めてディスプレイ内指紋認証を搭載したスマホを発売したことで有名ですが、またひとつ技術力が光る商品をリリースしてくれました。

こうした側面がエッジ化したディスプレイに関しては賛否両論ありますが、

今後は左右だけでなく、上下までエッジ化・ディスプレイ化すると言われています

デザインや持ちやすさだけでなく、機能面でもこれから進化していって欲しいですね。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。