ガジェット

グーグル非搭載スマホ「Mate 30」シリーズをHUAWEIが発表

9月19日、ファーウェイはフラッグシップスマートフォン「Mate 30シリーズ」を発表しました。

かねてから報道があった通り、このスマートフォンにはグーグル製のサービスに制限がかかっており、

Play ストアやYouTubeなどのアプリを使用することはできません。

Play ストアが使えないというのは中国国内で発売されているスマートフォンのくくりでいえば、それほど珍しいことではありません

ただ実際にゴニョゴニョしても「使用できない」という検証結果が出ているので、今後ファーウェイのスマホでグーグルのサービスを使用するのは、難しくなるとの見方を強めています。

 

発表会ではその他、

・Mate 30

・Mate 30 Pro

・Mate X

・HUWEI Watch GT(スマートウォッチ)

・HUAWEI FreeBuds 3(ノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホン)

・独自OS搭載のスマートテレビ(55・65・75インチ)

等が紹介されました。

この記事では新しく発表された新型スマートフォン「Mate 30シリーズ」に関して取り扱っていきます。

ではさっそく内容を見ていきましょう。

 

Mate 30シリーズの主なスペック

基本スペック

Mate 30Mate 30 Pro
OSEMUI10.0(Android 10)EMUI10.0(Android 10)
CPUKirin 990Kirin 990
ディスプレイ6.62インチ6.53インチ
解像度2,340×1,0802,400×1,176
メモリ6GB/8GB8GB
ストレージ128GB128GB / 256GB
メインカメラ40MP/16MP/8MP40MP/40MP/8MP/深度
フロントカメラ24MP32MP
SIMnano 2つnano 2つ
バッテリー4,200mAh4,500mAh
高さ160.8mm158.1mm
76.1mm73.1mm
奥行き8.4mm8.8mm
重量196g198g
USB Type C
SDカードスロット◯ (NMカード対応)◯ (NMカード対応)
スタイラスペン◯ (4,096段階)◯ (4,096段階)
防水◯ (IP68)
5G通信☓ / ◯
ヘッドフォンジャック
4種類4種類+限定版2種類
実売価格799ユーロ1,099〜1,199ユーロ
日本円(1ユーロ=118円)約94,282円約129,682〜14,1482円

<出典;HUAWEI

*Mate 30 Proの5G版と4G版の違いは、わずか100ユーロです。

*Mate 30の防水はIP53と報じているところもありますが、公式(中国版)には記載がありません。

上記には書けませんでしたが、

その他有線で40W、ワイヤレスで27Wの充電。ワイヤレスリバースチャージなど使用感を高めてくれる性能を持っています。

スマートウォッチやワイヤレスイヤホンの充電ができるのでとても便利です。

また上記モデルの他、ポルシェデザインのMate 30 RSも発売します。

こちらは2,095ユーロ(247,210円)します。

 

Mate 30シリーズのカメラの性能

Mate 30Mate 30 Pro
メインカメラ
広角40MP(f/1.8)40MP(f/1.6)
超広角16MP(f/2.2)40MP(f/1.8)
望遠8MP(f/2.4)8MP(f/2.4)
TOFカメラ(深度)
ISO204,800409,600
光学ズーム3倍3倍
デジタルズーム30倍30倍
フロントカメラ
カメラ24MP(f/2.0)32MP(f/2.0)
3D深度カメラ
環境光・近接センサー
ジェスチャーセンサー

 

Mate 30はヘッドフォンジャックが搭載しているメリットもありますが、

カメラのことを考えるとやはりProの方が性能に優れています

高感度撮影や7,680fpsのスローモーション撮影。

ジンバルである「Osmo Mobile 3」やスマホ用LEDライトの「Profoto C1/C1 Plus」に対応しており、明確にカメラ機としてのスマホの機能を強化しています

 

Mate 30シリーズでは、Googleのサービスが使えない

Mate 30でGooleのアプリを使うとこうなる。

Mate 30シリーズはかなりのハイスペック端末ですが、これまで報道されてきたとおり、Play ストアやYouTubeなどのサービスが使えません。

ただ今までもそうしたスマホをゴニョゴニョしてグーグルのサービスを使用している人はいました。

そのため一部のギークの人にはあまり影響がないかと思っていましたが、違いました

Play ストアは起動させてもすぐ落ちます。

(ただグーグルマップは使えそう)

YouTubeも使えません。

規制を受けての今後の動向

ファーウェイの規制に関してはいろいろと騒がれていますが、ユーザーにとって気になるのは、

・OS

・アプリケーション

・プロセッサ

の3点でしょう。

今回はアプリケーションのところでMate 30は影響を受けました。

これに関しては今後はGoogleプレイに頼るのではなく、

「Huawei Mobile Services(HMS)」というプラットフォームを推し進めることがわかりました。

 

残りは「OS」と「プロセッサ」です。

「OS」に関しては、今回発表されたスマートテレビには独自OSが搭載されました

そのためこの独自OSをスマホに投入するか、フリーソースである「AOSP版Android」を採用する可能性があります

「プロセッサ」に関しては、傘下企業のHiSiliconが製造している「Kirin」が禁輸措置の影響で使えなくなる可能性があります

実際すでにサムスンやファーウェイが行っているように、

プロセッサは5Gのモデムと統合化される流れにあるので、禁輸措置がファーウェイにどのように影響を与えるかを考えると、いろいろ難しいところがあります

 

米制裁によるHuaweiの動向5月21日、 「ファーウェイ・スマホでGoogleが使えなくなる?」といった記事をお伝えしましたが、 それから2日、Huaw...

 

終わりに

以上で「ファーウェイのMate 30シリーズ発表」に関する記事を終わります。

端末より禁輸措置の動向に関して触れることが多かったですが、ハードが優れているだけにどうしても注目せざるを得ません。

Mate 30シリーズがはたして日本へ投入されるかどうかは微妙ですが、一度は触ってみたい端末ですね

それではまた次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。