ガジェット

iPad Pro 12.9インチ(2018)、使うまで予想していなかった3つのこと

iPad Pro 12.9(2018)を使い始めてはや半年。

iPadOSがリリースされる前に、改めてiPad Pro 12.9インチを購入して「良かったところ」と「予想外だったところ」を3つずつ紹介したいと思います。

記事の2回目となる今回は、「予想外だったこと」です。

さっそく内容を見ていきましょう。

 

↓「iPad Proの改めて良かったところ」はこちら。

iPad Pro 12.9インチ用 Smart Keyboard Folio, Apple Pencil
iPad Pro 12.9インチ(2018)、半年使って改めて感じた3つの良いところiPad Pro 12.9(2018)を使い始めてはや半年。 iPadOSがリリースされる前に、改めてiPad Pro 12.9イ...

 

↓「iPad Proの記事まとめ」はこちら。

新型iPad Pro (12.9)・アクセサリーの記事一覧(まとめ)この記事では、iPad Pro 12.9インチ(2018)第3世代モデルの「レビュー」と、その「アクセサリー」に関する記事をまとめて確認...

 

 

iPad Pro 12.9インチは、取り回しに注意が必要

iPad Pro 12.9インチ用 Smart Keyboard Folio, Apple Pencil

iPad Pro 12.9インチは、単体だと634グラム。

Smart Keyboard Folioを装着すると、1,038グラムあります。

(両方とも、実測値)

また大きさはiPad mini 4が2個分

もしくは週刊誌のマガジンやジャンプより一回り大きいサイズです

私の場合は常にSmart Keyboard Folioを装着しているわけではなくて、使用するシーンに合わせてFolioとクリアケースを使い分けています。

「タイピングをするかしないか」という判断です。

そのため一般に言われているほど、iPad Pro 12.9インチが重たいと感じることはありません。

ただ予想外だったのが、

机の上に置いてあるSmart Keyboard Folio付きのiPad Proを、片手で持ち上げるのが難しい

ということです。

15インチのノートパソコンと違い、見た目はモバイルラップトップのサイズですから、脳は片手で持ち上げようとします

ただ指が引っかかるような形状をしておらず、Smart Keyboard Folioも肌触りが良い素材ではないため、iPad Proを移動させるのに少しストレスを感じています

iPad Proはサクサクで常に触れていたい気持ちはあるのですが、こうした取り回しの悪さから、最近はサブ機としてiPad miniやiPad Pro 11インチも欲しいと感じることも増えてきました。

iPad沼に落ちそうでとても怖いです。

 

iPad Pro 12.9インチは、中身詰まっている感が凄い

2つ目は、iPad Pro 12.9インチは、「サイズに対して重量を感じやすい」ということ。

これは13.3インチのノートパソコン(フットプリントが11インチのもの)と比較してわかったことなのですが、

iPad Proより大きいノートパソコンの方が、iPad Proより軽く感じます

実際は「ノートパソコンの方がサイズが大きく、重い」にも関わらずです。

そのため重量のバランスを考えた時、iPad Proは「もっと大型のディスプレーに変更した方が良いのでは?」と感じるようになりました

 

iPad Pro 12.9インチは、大画面なのにスマホとして認識されることがある

iPad Pro 12.9インチを使うまで予想していなかった3つのことの最後は、iPad Proは「タブレットなのにスマホ扱いされることが多い」、というものです。

これには2つのケースがあり、

・Safariでスマホ専用のページを表示される。

・アプリがiPadに対応しておらず、iPhone用のアプリを表示される。

というものです。

iPad Proは12.9インチの大画面なので、当然のことのようにパソコンと同じページが表示されると思っていましたが、違いました

結構な割合でスマホのレイアウトでページが表示され、しかもパソコン用の画面に「表示変更できない」ケースがあります

またアプリに関してですが、メジャーなアプリであるにも関わらず、iPadに対応していないものが多くて驚きました

一番驚いたのはInstagramですかね。

スマホサイズで表示されますし、Smart Keyboard Folio装着時には「画面が横のまま表示されます

これがもしスマホサイズでも、画面が横だけでなく「縦に変化すれば許せた」のですが、そうではないので、Smart Keyboard FolioのiPad横向き状態とは相性が悪いです

 

2010年に初代iPadが発売されたときは、パソコンはパソコン、スマホはスマホとページが分かれて作られていたためこうした出来事はあまり起きなかったのですが、

スペックが劇的に改善したにも関わらず、ユーザー体験としてはマイナスになってしまいました。

新しいiPadOSではこの点が改善され、ウェブ上で動くサービスの挙動も改善されるとのことなので、引き続きいろいろ試していこうと思います

 

終わりに

以上、「iPad Pro 12.9インチを使うまで予想していなかった3つのこと」でした。

iPad Pro 12.9インチは本当に優れた端末で最強のインプット用デバイスだと思います。

また動画や写真の編集なども快適に行えます。

ただ取り回しの良さや持ち運びのしやすさを考慮すると、万人にオススメできるのはiPad Proの11インチの方でしょう

もちろん11インチにはない魅力も12.9インチにはありますが、

11インチのiPadを持っていて、12.9インチのiPadを欲しがる人は、少ない気がします

絵師の方は、12.9インチよりもっと大きいサイズのiPadが欲しいでしょうしね。

ちなみに私は、サブとして11インチやiPad miniは欲しいなと真面目に考えています(笑)

便利な端末だからこそ、もっと気軽に触りたいという気持ちがあります。

iPadは本当に優れたデバイスです。

現状ではApple Pencilの第2世代に対応した端末は2つしかありませんが、来年以降またラインアップが変更されるでしょうから、その時はまたいろいろ検討するかもしれません。

それでは今日はこのあたりでお別れです。

iPad Proを検討されている方は、是非自分にあったサイズを選んでください

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

管理人、きむきむでした。

 

↓「Smart Keyboard Folioで使用できるショートカットキーとマウスの機能」はこちら。

iPad ProとSmart Keyboard Folioで使える「ショートカットキー」と「マウス」の機能まとめ(AssistiveTouch)「Smart Keyboard Folio」で使える「ショートカットキー」をご紹介します。 現在私が使用しているのは、2018年に...

 

 

↓「iPad Proの記事まとめ」はこちら。

新型iPad Pro (12.9)・アクセサリーの記事一覧(まとめ)この記事では、iPad Pro 12.9インチ(2018)第3世代モデルの「レビュー」と、その「アクセサリー」に関する記事をまとめて確認...

たくさん記事を追加しました。良かったらどうぞ。