TOEIC 860点

TOEIC 860点を突破するための参考書

こんにちは、ブログ管理人のきむきむです。

TOEICの勉強に取り組んでいる皆さん、アクセス頂きありがとうございます。

 

きむきむ。
きむきむ。
TOEIC 860点って、どの位難しいんだろう?

 

きむきむ。
きむきむ。
TOEIC 860点以上獲得するためには、どんな参考書を使えばよいの?

 

この記事ではそのような方に役立つ情報を掲載しています。

 

当ブログでは、TOEIC300点台から900点超えを果たすまでの勉強計画を紹介しています。前回の730点に続き、今回は860点以上を目指すための記事です。

それではさっそく内容を見ていきましょう。

 

TOEIC 860点、Aランクって何?

テストの内容

形式

TOEIC L&R テストは、英語の「聞く」「読む」力を測定するテストです。

リスニング問題45分、リーディング問題75分。

合計2時間かけて、200問を答えるマークシート形式の試験です。

テストは年10回の開催となり、1〜2ヶ月前から試験の受付を行う必要があります。

5段階のスコア

990点が満点のテストとなり、点数に応じて5段階のスコア分けがなされます。

これはあるスコアに所属する人が、実際にどの程度コミュニケーション能力があるのかを表した、TOEICの評価の1つです。

TOEIC 860点はAランクに該当します。

コミュニケーション能力の評価内容は、
「Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる」です。

Aランクは860点から満点の990点の人が該当しています。

<出典>TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルの相関図

この点数を目標とすべき人

・英語を真剣に勉強していきたい方 (TOEIC 650点以上の方)

・日常的に英語を使用したい方

・仕事や転職で必要な方

難易度

この点数を獲得するためには、

リスニングパートで、約86問の正解

リーディングパートで、約93問の正解

合計、約179問/200問中、正解する必要があります。

 

このあたりから本格的にテストが難しくなっていき、

公式問題集や模試に出てこない単語もおさえる必要が出てきます。

また勉強時間に対してスコアの伸びが低くなってくる段階でもあるので、根気強さが求められます。

長文問題で点数を落とさないようにすることはもちろんですが、リスニングパートの方が簡単なので、それを考慮に入れて対策を練る必要があるでしょう。

 

使用する参考書

代表的な参考書

このランクを目指す人向けの代表的な参考書はこちらです。

ここでは、主に目標点数が具体的に設定されている参考書を紹介しています。

使用する上でのメリットは

・目標レベルに特化した、実践的な勉強ができる。

・模試に比べて薄く、電車の中でも勉強できる。

・構成がシンプルなのでスケジュールを立てやすく、勉強を習慣化させやすい。

デメリットは

・参考書に収録されている問題の数が少ない。

・ある程度のレベルがないと、内容が難しすぎる。

当ブログで使用する参考書

単語、読解力を強化するための参考書

・TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス
・TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

リスニング力を強化するための参考書

・公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 5
・TOEIC L&R TEST パート1・2特急 難化対策ドリル
・TOEIC テスト新形式精選模試リスニング2

リーディング力を強化するための参考書

・至高の模試
・TOEIC L&R テスト 文法問題でる1000問
・TOEIC テスト新形式精選模試リーディング2

わからない文法事項を解決するための参考書

・総合英語Evergreen、もしくは、アトラス総合英語 英語のしくみと表現

 

まとめ

以上で「TOEIC 860点を突破するための参考書」の紹介は終わりです。

参考書が増えてきましたが、ここまで来たら英語上級者まであと一歩です。
地道に頑張っていきましょう。

次回は使用する参考書の解説、レビューを行います。

管理人きむきむ。

 

参考書の解説、TOEIC 860点突破編この記事では、TOEICの勉強で使用する参考書が「一体どのような特長を持っているか」について解説しています。 前回は「TOEIC ...

 

TOEICで860点以上獲得するための勉強計画この記事では、TOEIC860点以上を獲得するための具体的な「勉強計画」について解説しています。 ...

 

TOEIC 730点から、最短で目指すTOEIC 860点勉強計画この記事では、「必要最低限の勉強」で目標を達成するための「勉強計画」について解説しています。 前回の記事では、「860点以上」も狙...